【暴風雪の影響】新千歳空港で75便が欠航 JRも列車334本運休

【暴風雪の影響】新千歳空港で75便が欠航 JRも列車334本運休

  • STVニュース北海道
  • 更新日:2023/01/25
No image

【暴風雪の影響】新千歳空港で75便が欠航 JRも列車334本運休

暴風雪によりJRや空の便など交通機関にも影響が出ています。

JR北海道は午後3時現在、特急23本を含む334本が運休となっています。

室蘭線の苫小牧〜岩見沢間、宗谷線の名寄〜稚内間などが終日運転見合わせとなりました。

快速エアポートは午後8時ごろまで間引き運転を行い、1時間に4往復程度の運行を確保する予定だということです。

また、岩見沢駅構内の積雪が多いため、札幌から岩見沢方面の最終列車を繰り上げ、除雪作業を行うということです。

さらに、すでにあすも列車110本の運休が決まっています。

また、空の便では新千歳空港と東北や北陸などを結ぶ、国内線75便が欠航となっています。

運航会社のホームページなどで随時、最新の情報を確認してください。

1/25(水)「どさんこワイド179」

1/25(水)16:28更新

この記事を動画で見る

STV札幌テレビ「どさんこワイド179」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加