テレワークの浸透で4割が「自宅でコーヒーを飲む頻度が増えた」

テレワークの浸透で4割が「自宅でコーヒーを飲む頻度が増えた」

  • @DIME
  • 更新日:2020/10/18
No image

朝にシャキッと気合を入れたい時、昼食後にほっと一息つきたい時、夜にもうひと頑張りしたい時など……

日常の様々なシーンで、コーヒーは愛飲されている。コロナ禍に伴うリモートワークや外出自粛により、カフェやコーヒーショップに通えなくなったわけだが、実際のところ、コーヒーを取り巻く環境はどのように変化したのだろうか?

このほど、デロンギ・ジャパン株式会社が全国の20~69歳の男女(計400人)を対象に実施した「コロナ禍におけるコーヒーの飲用調査」によると、リモートワーク経験者の約4割は自宅でコーヒーを飲む頻度が増加したことが明らかになった。

以下に調査結果の詳細を紹介していく。

自宅でコーヒーを飲む頻度が増えた人は約20%

自宅でコーヒーを飲む頻度についての変化を見ると、全体で「増えた」と答えた割合は21.6%との結果になり、自宅でコーヒーを飲む頻度が高くなっている。さらにリモートワーク経験者では約4割が増えたと回答しており、リモートワーク未経験者に比べると自宅でコーヒーを飲む頻度が高くなっている。【グラフ1】

No image

また、年代別では、増えたと答えた割合が20代で30.1%、30代で26.3%と増加しており、20~30代の若い世代がその他の世代に比べると自宅でコーヒーを飲む頻度が増加していることが明らかになった。 【グラフ2】

No image

自宅で最も飲まれているコーヒーは「レギュラーコーヒー」

コロナ前は自宅で最も飲まれていたコーヒーは、「レギュラーコーヒー」が66.5%と1位。またミルクメニューの合計が24.2%との結果になった。

コロナ後も、「レギュラーコーヒー」が64.3%と1位、次いでミルクメニューの合計が25.8%とあまり変化はないが、男女で比較すると女性は男性の倍以上の割合となっており、女性からミルクメニューが支持されていることが見られる 【グラフ3】。

No image

今後、自宅で飲みたいメニューを複数回答で聞いたところでは、「レギュラーコーヒー」が71%と最も高くなっているが、「カフェオレ」39.8%、「カフェラテ」27.8%とミルクメニューの飲用意向も高くなっている。ミルクメニューについては特に女性の飲用意向が高く、年代別でみると、20代~40代の意向が高くみられる【グラフ4】。

No image

リモートワーク経験者は未経験者よりも自宅で飲むコーヒーに高いクオリティーを求めていることが判明

自宅で飲むコーヒーについての変化は、全体で変化があったと答えたのは約3割で、リモートワーク経験者は約44%、未経験者は約21%の結果になり、リモートワーク経験者は、より自宅で飲むコーヒーに変化があったと回答している。また年代別で見ると、20代・30代は42.5%と高く、若い年代に変化が生じている結果になった【グラフ5】。

No image

リモートワーク経験者と未経験者を比べると味(濃さ、苦味、酸味等)、香り(焙煎度やコーヒーの産地等)、種類・淹れ方(インスタント、ドリップ等)にこだわるようになったと回答。自宅でもクオリティーの高いコーヒーを求めていることが顕著に表れている。

さらに「カフェラテなどのミルクメニューを作るようになった」については、男性5%、女性11.5%と女性が倍以上で、年代では30代が15%と高く、自宅でもカフェで飲むようなミルクメニューへのニーズが高いことがわかった【グラフ6】。

No image

リモートワーク経験者は未経験者に比べると「気分転換」などの気持ちの切り替えにコーヒーを必要としている

コーヒーを飲む場面として、リモートワーク経験者は、「気分転換したい時」が51.8%1位。次いで、「休憩の時」50.4%。全体の結果より高い項目が多く、リモートや在宅ワークなど家で過ごす時間が多くなる中で、自宅で飲むコーヒーが大事な役割を果たしていることがうかがえる【グラフ7】。

No image

<調査概要>
調査時期:2020年9月17日(木)~9月18日(金)
調査手法:インターネット調査
調査対象:20~69歳の有職者の内、週1回以上自宅でコーヒーを飲んでいる人男女400人(性年代別均等割付)
※本調査では、小数点第2位を四捨五入している。そのため、数字の合計が100%とならない場合がある。

出典元:デロンギ・ジャパン株式会社

構成/こじへい

カフェラテもダルゴナコーヒーも作れる!いろいろ使えるダイム最新号の付録「電動ブレンダー&ホイッパー」

No image

現在、発売中の雑誌「DIME」の付録が話題だ。粉や液体をしっかり混ぜられる「電動ブレンダー」とクリーミーな泡が立つ「電動ホイッパー」の豪華2本セットがもれなく付いてくる。単3電池2本で駆動し(※別売り)、スイッチオンでスピーディーに撹拌できるキッチンツールだ。電動ブレンダーは先端が高速で回転し、撹拌するパワーも強い。電動ホイッパーはY字の先でまろやかな泡を作ることができる。いずれも単三電池2本で駆動する。

【参考】https://dime.jp/genre/1009092/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加