ロッテ・レアード決勝弾で3カードぶり勝ち越し ヤクルト清水3敗目

ロッテ・レアード決勝弾で3カードぶり勝ち越し ヤクルト清水3敗目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

ロッテ対ヤクルト 8回裏ロッテ無死、左越えに勝ち越しのソロ本塁打を放つレアード(撮影・たえ見朱実)

<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ2-1ヤクルト>◇10日◇ZOZOマリン

先発はロッテ佐々木朗とヤクルト・サイスニード。ヤクルトが2回、村上の18号ソロで先制。佐々木朗は1軍初被弾となった。

ロッテが5回に荻野の投安打と敵失の間に1点を奪い同点。サイスニードは5回1失点、佐々木朗は6回1失点で降板した。

ロッテ・レアードが8回に決勝の15号ソロを放った。ロッテは3カードぶりの勝ち越し。唐川4勝目。ヤクルト清水が3敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加