新型コロナで好調のエクササイズコーチングアプリFutureが約25億円調達

新型コロナで好調のエクササイズコーチングアプリFutureが約25億円調達

  • TechCrunch
  • 更新日:2020/10/18
No image

米国中の何千というジムが新型コロナウイルスパンデミックの間に閉鎖を余儀なくされたが、在宅ソリューションを提供するフィットネス企業はかつていないほどのチャンスを手にしている。こうした状況はPeloton(ペロトン)のような上場企業の株価を驚くほどのものにした。同時にベンチャーキャピタリストを数多くのフィットネス業界ディールに向かわせた。なお、時価総額は約400億ドル(4兆2000億円だ)。

Future(ヒューチャー)は、ユーザーと実在のフィットネスコーチがバーチャルでチームを組む月額150ドル(約1万6000円)のサブスクを消費者に提供している。Apple Watchの健康情報を追跡できる能力を活用し、Futureはチームモチベーションやアカウンタビリティ、フィットネス洞察のためのプラットフォーム構築を目指してきた。

No image

画像:Future

Kleiner PerkinsがリードしたシリーズAラウンドを発表してから18カ月近くたち、Futureは2400万ドル(約25億円)のシリーズBをクローズしたとTechCrunchに語った。本ラウンドはTrustbridge Partnersがリードし、既存投資家のCaffeinated CapitalとKleiner Perkinsが参加した。

在宅フィットネスブームでFutureの利用はかなり増えている。 CEOのRishi Mandal(リシ・マンダル)氏は、何千ものジムが閉鎖されたためにここ数カ月で同社は3倍に成長したと話す。外出禁止が、現在も続いているテックを使ったフィットネスサービスへのシフトを加速させた、と指摘する。忙しいユーザーはテックを活用したサービスによってエクササイズの時間を確保することができる。

「現代の生活はパンデミック期間に限らず通常においても本質的にはクレイジーだと当社は考えています」とマンダル氏は話す。「セットルーティーンを持つという考えは完全に誤っています」。

Futureは月149ドル(約1万5700円)で、PelotonやFitbit(フィットビット)、Apple(アップル)が提供しているデジタルフィットネスプログラムがターゲットとする消費者マーケットを取り込もうとしているわけではない。Futureはどちらかというと、パーソナルトレーナーを見つけようとしているがまだ実際にはそこまでいっていない、あるいは全体的なガイドラインやアカウンタビリティを必要としつつガイド付きのインストラクションはさほど求めていない、といったユーザーをターゲットとしている。

前回よりも大きな額を調達し、Futureはネットワーク拡大という大きな目標を掲げている。来年の今頃までにFutureプラットフォームのコーチの数を1000人にすることを目指す。規模を拡大することで、Futureは新たな取り組みができる。マンダル氏は、「人々の健康全般をサポートするところに真の機会があります」と話し、成長に伴ってコーチングサービスの対象をフィットネス以外にも拡大することにチャンスを見出している。

カテゴリー:ヘルステックタグ:Future、資金調達

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加