朝乃山 待望の初白星、貴景勝連敗免れる 正代は照ノ富士に屈し初黒星 平幕の翔猿、阿武咲が4連勝

朝乃山 待望の初白星、貴景勝連敗免れる 正代は照ノ富士に屈し初黒星 平幕の翔猿、阿武咲が4連勝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/09/18

大相撲秋場所は16日、東京・両国国技館で4日目を迎えた。横綱・白鵬と横綱・鶴竜の両横綱不在の中、初日から3連敗の大関・朝乃山は、北勝富士を寄り倒して初白星を挙げた。前日土がついた大関・貴景勝は玉鷲を押し出して3勝目。

No image

<大相撲秋場所4日目>北勝富士(手前)を寄り倒しで破った朝乃山(撮影・村上 大輔)

関脇・正代は先場所優勝の照ノ富士に押し出され初黒星、連勝が3で止まった。三役以上の全勝力士は4日目でいなくなった。

同じく関脇の御嶽海は小結・隠岐の海に寄り切られ、連勝スタート後に2連敗、大栄翔は隆の勝に押し出されて3敗目を喫した。前頭筆頭の隆の勝は2日目から大関と関脇2人を破り3勝目を挙げた。

平幕勢の翔猿、阿武咲が初日から4連勝でトップ並走となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加