阪神 チカイト宿敵ねじ伏せた!近本適時打&マルチ、糸原11戦連続安打

阪神 チカイト宿敵ねじ伏せた!近本適時打&マルチ、糸原11戦連続安打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

近本(左)と糸原

「阪神7-1巨人」(7日、甲子園球場)

阪神は機動力を前面に出して宿敵をねじ伏せた。猛攻の導火線となったのが、近本、糸原の1、2番コンビ。自在に塁上を駆け回り、打線を活性化させ、9年ぶりに巨人との開幕1、2戦目連勝へ導いた。

まずは、積極的な走塁で先制点を奪った。三回、先頭・近本が四球で出塁。糸原も続いた。初回に左前打を放ち、11試合連続安打としていた絶好調男は初球を強振。「(伊藤将を)何とか助けてあげたらと思って試合に臨んでいた。いい形で助けられてよかった」。ランエンドヒットで内角スライダーを右前へ。無死一、三塁と好機を広げた。

さらに続くマルテの4球目に一走・糸原はスタートを切った。「いけるときにいくのがタイガース」と今季初の二盗。捕手・大城の二塁送球は一塁側へそれる悪送球となり、その間に三走・近本が生還。相手を足で揺さぶり、先制した。

1点リードで迎えた四回も2人で追加点を奪った。2死二、三塁で近本が二塁強襲の適時内野安打。なおも2死一、三塁。ここで糸原の勝負強さと、近本の足がさく裂した。

「あそこは、積極的に仕掛けていこうと思っていた」と糸原。代わったばかりの2番手・大江の初球、真ん中への136キロ直球に反応。打球は中前に弾み、スタートを切っていた一走・近本が一気に本塁へ生還した。

近本は六回無死でマルチ安打となる中前打を放ち、大山の三塁線を破る適時二塁打で一塁から一気に生還。この試合3度目となるホームインを果たした。

それぞれが役割を果たし、生み出した攻撃の流れ。絶好調の糸原の前に快足の近本が出塁すれば、まさに鬼に金棒だ。“チカイト”コンビが勝利への道を切り開く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加