“IR汚職”など無罪主張 秋元司被告が保釈後初出廷

“IR汚職”など無罪主張 秋元司被告が保釈後初出廷

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/10
No image

動画を見る(元記事へ)

IR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件などで起訴された衆議院議員の秋元司被告(49)が保釈された後、初めて裁判に出廷しました。

秋元被告は10日午前9時半ごろ、胸に議員バッジを付けて弁護団とともに東京地裁に入りました。

7日に約9カ月半ぶりに保釈されてから、初めての裁判です。

秋元被告は中国企業側から賄賂を受け取った罪や贈賄側に裁判で嘘の証言をするよう依頼した罪に問われています。

先週の弁護側の被告人質問で、秋元被告は改めてそれぞれの起訴内容を否認し、無罪を主張しました。

10日午後からは検察側が被告人質問をする予定です。秋元被告は検察側と全面的に争うものとみられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加