孤独なお坊ちゃまが雇ったのは小悪魔なメイド!? 謎多きメイドと天然人タラシ少年のやりとりにニヤニヤが止まらない

孤独なお坊ちゃまが雇ったのは小悪魔なメイド!? 謎多きメイドと天然人タラシ少年のやりとりにニヤニヤが止まらない

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2020/10/18
No image

『最近雇ったメイドが怪しい』(昆布わかめ/スクウェア・エニックス)

天涯孤独の悠利(ゆうり)の前に現れたメイドは、何者? 攻守逆転ラブコメディ『最近雇ったメイドが怪しい』(昆布わかめ/スクウェア・エニックス)がいま話題だ。

「新しいメイドが怪しい…。やたらと露出しているし、作った料理が美味しすぎる!」主人公はお屋敷に住む坊ちゃま・悠利。その世話をするのがメイドのリリスだ。2人のやりとりやコミュニケーションミス、誤解などがつみ重なり、読者が、にまにまと笑顔になってしまう展開が続いていく。

「次にくるマンガ大賞2020」コミックス部門第9位にも選出された本作。発売即、重版となった2巻までをレビューしていく。

からかうと無自覚な逆襲が…永遠に続きそうな2人の“攻守逆転”関係

両親が死に、悠利が多くの使用人を辞めさせた後、ひとりきりになった屋敷にメイドのリリスは突然現れた。「住み込みで働かせてくれるならお金はいらない」という。子どもでも分かるくらい怪しすぎるのだが、結局雇ってみることに。彼はこう考え、彼女を監視する。

最近雇ったメイドが怪しいだから僕はこいつのことを沢山知ってその秘密を暴いてやろうと思う

純情で天然な坊ちゃまは、この褐色の肌に紫の瞳を持つメイドの虜である。…とはいえ初恋的な描写もない。またサスペンス要素も一切ない(今のところ)。毎回リリスは「見張っている」と言いつつ、つきまとってくる悠利をからかう。

私のことがそんなに気になりますか?

すると彼はこう叫ぶ。

こんな綺麗なメイドはじめて見たからかお前のこと気になって気になって夜も眠れないくらいお前のことを考えていたことに気付いていたのか!?

リリスは顔を真っ赤にして大照れ…。これが“好守逆転ラブ返し”とでも言おうか、お約束となるパターンだ。また別の日、彼女は「ゆうり坊ちゃま」と名前で呼ぶ。なぜ急に名前を? と戸惑う悠利にリリスはにんまり。

そんな反応をされるなんて……もしかして恋人同士みたいなんて思っちゃいましたか?

そこで悠利の切り返し。

いやもはや夫婦だろ!!僕の両親はそう呼びあっていたぞ!?

言われて照れて秒で逃げだすリリス。さらに別の日、2人で料理した際に彼女はこう言う。

…いつもはたっぷり入れてますから坊ちゃまへの愛情という名の隠し味が

腑に落ちたような悠利は叫ぶ。

リリスが僕のためを思って僕のためだけに作るから食べると幸せな気持ちになるんだな!!!

どうしたら愛情たっぷりでいれられるんだ…!?

恥ずかしがってうつむくことしかできないリリスだった…。そもそも彼女は緊張しながらからかっている描写があり、基本的に“からかい下手”なのだ。そこにきてこの坊ちゃんは、完全に“無自覚タラシ”だ。読者はもう、にまにまとするしかないのである。

リリスの謎は明らかになる? 2人の仲の進展は?

すでにお約束になりつつある掛け合い、純情美女メイドと純真な少年との笑える関係。ただ話にオチはあってもヤマがないのでは…。と心配になる方がいるかもしれない。

だがこの2巻ではリリスの目的がほんの少しだけ語られる。そして今まであまりなかった彼女の心理描写や“変化”も描かれるようになる。

坊ちゃまがまっすぐすぎて余裕のある大人の対応が全然できない…!

頼れる大人のメイドアピールをして坊ちゃまの警戒を解かねば…

悩み、がんばるリリスに明日はあるのか…?

「ラブコメというからには…本当に付き合うのか?」「リリスの年齢わかんないけどめちゃ年の差あるじゃん」などと読者である私たちの心はざわつく。本稿のライターは3巻の展開予告を読んで「マジか…」と思わず声を出してしまった。彼女の心情の変化に乞うご期待だ。

単行本化されているエピソードで、リリスが屋敷に来た経緯や目的の全てが語られるわけではない。悠利の学校の同級生キャラ・五条院つかさが登場するが、リリスは彼女に仕える執事とも知り合いのようだ。これらの謎と同様に、からかい下手なリリスと天然ジゴロ気質な悠利の微妙な関係を、まだまだ楽しませてもらおう。にまにまとしながら。

子どもだからって…馬鹿にして!信用…しないからな!早く大人になって暴いてやる…!それまでどこにも行くなよ

坊ちゃま、それプロポーズでは…?

あわせて読みたい:忘れられない元カノに「妊娠だけしたい」と言われ… 『往生際の意味を知れ!』は狂気の恋愛譚

文=古林恭

ダ・ヴィンチニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加