阪神 大山が打撃練習を再開 左翼席中段へのアーチも

阪神 大山が打撃練習を再開 左翼席中段へのアーチも

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/16
No image

両手に持つバットを回しながら打撃練習へ向かう大山(撮影・田中太一)

「巨人-阪神」(14日、東京ドーム)

12日の試合前練習で背中の張りを訴え、2試合連続欠場中の阪神・大山悠輔内野手(26)がグラウンドでの打撃練習を再開。大山らしい長打も生まれた。

ティー打撃をこなした後、打撃投手相手に打ち込みを行った大山。最初は軽打していたが、徐々に力を入れていった。最後は左翼席中段に飛び込むアーチもかけ、復調の兆しは感じられた。打撃練習後は、三塁の守備位置に入り、藤本内野守備走塁コーチのノックをこなしていた。

前日に矢野監督は「スタメンは難しいと思っている」と言及していたが、ベンチ入りのプランを挙げていただけに、この日は出場する可能性もある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加