生瀬勝久、黒川智花と川口春奈主演ドラマ『着飾る恋には理由があって』に出演決定

生瀬勝久、黒川智花と川口春奈主演ドラマ『着飾る恋には理由があって』に出演決定

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/05/04
No image

4日、俳優の生瀬勝久が、毎週火曜よる10時から放送中の火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に、準レギュラーとして出演することがわかった。さらに、女優の黒川智花はゲスト出演するという。

■“うちキュン”ラブストーリー

綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり友情を深める中で、着飾るという鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリーの同作。

脚本は、幅広い世代の女性の共感を呼ぶ脚本で人気を博す金子ありさ氏が手掛ける。制作チームには『MIU404』などのプロデュースを担当してきた新井順子氏。さらに新井氏と多くの作品でタッグを組み、ジャンル問わず話題作を演出してきた塚原あゆ子氏が揃った。

初回放送から主人公・真柴(川口春奈)の一生懸命さはつい応援したくなり、彼女の言動に共感する人が続出。さらに、憧れの祥吾(向井理)との関係や駿(横浜流星)との恋が動き出し、“うちキュン”シーンの連続にツイッターでも毎回トレンド入りするなど盛り上がりを見せている。

関連記事:生瀬勝久、自宅を訪ねてきた刑事に恐怖 「本当に警察だったのかな?」

■生瀬と黒川の役柄は…

第3話で、謎めいた登場をした生瀬は、第4話から香子(夏川結衣)の元夫・小林礼史役を演じる。礼史について「名前を言ってはいけない」と言うほど香子にとっては因縁があるようだが…。

そんな礼史は、準レギュラーとして今後も度々登場。少し曲者な礼史と香子の関係性の変化や、礼史がどのような形で物語に絡んでいくのか注目だ。

さらに、陽人(丸山隆平)のオンラインカウンセラーの相談者・舟木千春役で黒川智花がゲスト出演。千春は陽人をとても頼りにしており、予約時間外にも連絡してくるほど深入りしていて…。真柴や駿以外の登場人物たちも大きな展開を迎えるようだ。

■2人ならではの掛け合いのシーンができた

今回の出演に際し、生瀬と黒川からコメントが到着している。

生瀬:今回、夏川結衣さん演じる香子の元夫いう役柄ですが、夏川さんとは12年前に映画でご一緒して以来で、元夫役ですが夫婦という関係性は初めてです。今はまだ2人の関係性があまり良くないのですが、2人ならではの掛け合いのシーンができたと思いますし、演じていて楽しかったです。

性別も世代も職業もバラバラの登場人物がたくさん出てきますので、みなさん自分に近い役に投影していただいたり、「こういう人いるよな」なんて見方をしていただくのもいいかなと思います。

■きめ細かな演出は「素敵」の一言

黒川:丸山隆平さんとは、何年も前の舞台以来の共演でしたので、撮影当日は楽しみに現場に向かいました。2人の関係性、そして周りの人たちとのやりとりがどのように表現されたのか、ご覧いただけるとうれしいです。

新井プロデューサーと塚原監督の黄金ペアが織りなすきめ細かな演出は「素敵」の一言に尽きます。この作品に出演することができてとてもうれしかったです。これからの展開を楽しみにご期待下さい。

・合わせて読みたい→『温泉地公認の入浴剤福袋』が超お得 500円で全国の名湯を体験

(文/しらべぇ編集部・maitama

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加