鳥栖、天皇杯で熊本に辛勝 山下が決勝弾「結果を強く求めてやっていく」

鳥栖、天皇杯で熊本に辛勝 山下が決勝弾「結果を強く求めてやっていく」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/09

◇天皇杯2回戦 鳥栖1―0熊本(2021年6月9日 佐賀県 駅前不動産スタジアム)

No image

<鳥栖・熊本>先制ゴールの山下(左)は酒井に祝福される

J1の鳥栖は苦しめられたが、J3の熊本に1―0で勝利した。金明輝(キムミョンヒ)監督は「しっかり勝てたこと、ハードワークをしてくれたことを評価したい」と振り返った。

前半22分にゴール前のこぼれ球にFW山下敬大(25)が左足で決めた得点が決勝ゴールになった。ただ後半はパスミスと、相手の粘り強い守備の前に追加点が取れず。山下は「うまくいかないことの方が多かった」と反省した。天皇杯の3回戦は福岡との九州ダービーになった。山下は「タイトルを取りに行く気持ちで取り組んでいる。結果を強く求めてやっていくつもりです」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加