『トップガン』続編、興収60億円突破 2020年以降の実写映画No.1

『トップガン』続編、興収60億円突破 2020年以降の実写映画No.1

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/06/23
No image

勢い止まらず! - (C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

映画『トップガン マーヴェリック』の累計興行収入が60億円を突破し、『今日から俺は!!劇場版』(約53.7億円)を超えて、2020年(コロナ禍)以降日本で公開された実写映画のナンバーワンとなったことが明らかになった。

『トップガン マーヴェリック』は、トム・クルーズをスターダムにのし上げた出世作『トップガン』(1986)の約36年ぶりとなる続編。全国376館、833スクリーンで上映されている本作は、5月27日の初日から6月22日の27日間で、観客動員数387万9,446人・興収60億1,084万5,510円を記録した。(数字は興行通信社調べ)

公開からまもなく1か月を迎える本作だが、多くのリピーターを獲得するなどその勢いはとどまることを知らず、6月18日・19日の週末全国映画動員ランキングでは公開4週目にして首位に返り咲いた。また、全米では歴代興収ランキング20位圏内に入ったほか、全世界累計興収は9億784万4,957ドル(約1,180億円)と10億ドル超えが現実味を帯びてきた。(数字は Box Office Mojo調べ、1ドル130円計算)(編集部・倉本拓弥)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加