【備えのツボ】今冬は寒波に注意~新情報の活用で備えを~【岡山・香川】

【備えのツボ】今冬は寒波に注意~新情報の活用で備えを~【岡山・香川】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/11/25
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

備えの基本を押さえて防災力アップを目指す備えのツボです。まもなく迎える冬。2021年は寒さや雪の降り方に一層、注意が必要となりそうです。

(防災士 新田俊介記者)

「今週に入ってグッと寒くなりましたよね。2021年はこの寒さが、平年より一段と厳しくなるサインが出ているんです」

■「『ラニーニャ』で厳冬か」

(前川裕喜記者)

「善通寺と琴平の境。雪が踏み固められて滑る」

スリップする車が相次ぎ、空港はこの通り。2018年2月の香川県内の映像です。平野部でも雪が積もりました。

背景にあったのが、この年、発生していた「ラニーニャ現象」です。

南米、ペルー沖の赤道付近で海面水温が低くなる現象で、発生すると日本に寒気が流れ込みやすくなります。それがこの冬…。

(気象庁 長谷川直之長官)

「2021年の冬は、ラニーニャ現象ということもあって、西日本を中心に寒気が強まり、その影響を受けやすい」

■「新情報の活用で備えを」

気象台が24日発表した向こう3ヵ月の予報では、中国、四国ともに気温は低い見込みです。

中国地方では、冬型の気圧配置が現れやすいとされ、大雪や交通障害などに注意が必要な冬となりそうです。

こうした中、気象庁は、11月10日から雪に関する新たな情報提供をスタート。1時間ごとの雪の量や積雪の深さの見通しを、地図上で6時間先まで確認できるようになりました。

押さえてほしい備えのツボはこちら。地震や大雨と同じく、雪も命や暮らしに関わる災害を引き起こす可能性があります。

車のタイヤ交換や、外出が困難になりそうな場所では食料の備蓄など、早めに備えて身を守りましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加