【RISE】AKARIが”美脚炸裂”で計量パス、対するerika♡を「ぶっ飛ばしてベルト巻く」

【RISE】AKARIが”美脚炸裂”で計量パス、対するerika♡を「ぶっ飛ばしてベルト巻く」

  • イーファイト
  • 更新日:2022/06/23
No image

RISEのベルトを争うerika♡(左)とAKARI(右)

6月24日(金)東京・後楽園ホールで開催されるキックボクシングイベント『RISE 159』の前日計量が、23日(木)都内にて行われた。
メインイベントの「第2代RISE QUEENミニフライ級(-49kg)王座決定戦3分5R無制限延長R」で対戦する、AKARI(TARGET/同級1位)は48.85kg、対するerika♡(SHINE沖縄/同級3位)48.95kgで両者とも計量を1回目でパス。その後の会見に出席した。

【フォト】AKARIがビキニ姿で計量パス、全身写真も

No image

意気込みを語るAKARI

AKARIは“美脚炸裂シンデレラ”の愛称で、長い手足を生かした打撃を武器に持つ。対するerika♡は、強靭なフィジカルで前に出続ける下がらない勇猛なスタイルを武器に持つアグレッシブファイター。

両者は、昨年12月に対戦しており、延長判定でerika♡が勝利を収めている。今回は赤いRISE QUEENのベルトをかけて、メインイベントで再戦することになった。

RISE伊藤代表は「歴代の王者が実績を作って来た中で、両選手は過去の王者に負けない試合内容でタイトルを争ってもらいたい。無制限延長になりますので、それも含めていい試合をして欲しい」と、両者にエールを送った。

No image

コメントするerika♡

AKARIは「圧倒的な差を見せつけて次のステップに進みたい。(相手と向き合って)殺気も感じなかったので、ぶっ飛ばしてベルトを巻きたい。リベンジのことしか考えていなかったし、自分の前に2度の立てないようにしてやろうと思って練習してきました」などと強気な発言。

一方のerika♡は「ぎりぎりでは意味がないと思っている。圧勝してチャンピオンになりたい。自分が練習してきたこを発揮したいし、自分次第と思っている」と圧倒を誓う。

No image

計量で並んだ両者

王者への想いは両者とも並々ならぬものがある。AKARIは「ずっと手が届かなかったものだけど、自分のものにして次のステップに進めるようにしたい」、erika♡は「圧倒してわかりやすくチャンピオンになります。どの団体の選手からも直ぐに挑戦したいと言われないようにしたい」と、それぞれ語った。

勝利の女神は果たして、どちらに微笑むのか。明日のメインイベントで、次の女子格闘技を背負う王者が決まる。

<計量結果>
▼メインイベント 第2代RISEQUEENミニフライ級(-49kg)王座決定戦3分5R無制限延長R
AKARI(TARGET/同級1位)→48.85kg
vs
erika♡(SHINE沖縄/同級3位)→48.95kg

▶︎次ページは【フォト】AKARIがビキニ姿で計量パス、全身写真も

【フォト】AKARIがビキニ姿で計量パス、全身写真も
(写真はクリックで拡大します)

No image
No image
No image
No image
No image

▶︎次ページは全試合の計量結果

<『RISE 159』全計量結果>

▼メインイベント第2代RISEQUEENミニフライ級(-49kg)王座決定戦3分5R無制限延長R
AKARI(TARGET/同級1位)→48.85kg
vs
erika♡(SHINE沖縄/同級3位)→48.95kg

▼セミファイナルスーパーフライ級(-53kg)3分3R延長1R
滉大(及川道場/同級3位、HOOSTCUP初代スーパーフライ級王者)→52.90kg
vs
花岡竜(橋本道場/初代KNOCKOUT-BLACKスーパーフライ級王者)→53.00kg

▼第8試合バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
知花デビット(エイワスポーツジム/Aimhigh/同級3位)→55.00kg
vs
京介(TOPDIAMOND/スーパーフライ級5位)→54.95kg

▼第7試合アトム級(-46kg)3分3R延長1R
平岡琴(TRY HARD GYM/同級2位)→45.95kg
vs
百花(魁塾/同級3位)→45.85kg

▼第6試合スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
森香津眞(チームドラゴン/同級3位)→64.95kg
vs
マサ佐藤(WSRフェアテックス/英雄伝説64kg級アジア王者)→64.85kg

▼第5試合-66kg契約3分3R
安彦考真(ExecutiveFight武士道)→65.95kg
vs
YOUEDA(TARGET SHIBUYA)→65.80kg

▼第4試合オープンフィンガーグローブマッチ-63kg契約3分3R
瑠夏(L-REX/2017年RISINGROOKIESCUPスーパーフェザー級優勝)→62.70kg
vs
YU-YA(魁塾/元RKSライト級王者)→63.00kg

▼第3試合スーパーフライ級(-53kg)3分3R延長1R
金子梓(新宿レフティージム/同級7位)→52.95kg
vs
佐藤九里虎(FAITH/同級9位)→52.85kg

▼第2試合バンタム級(-55kg)3分3R
小只直弥(TBF)→54.40kg
vs
相良一志(究道会館)→54.85kg

▼第1試合フェザー級(-57.5kg)3分3R
坂本直樹(道場373)→57.00kg
vs
珅太郎(KRAZYBEE)→57.35kg

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加