USJ、「スーパー・ニンテンドー・ワールド」開業日を延期

USJ、「スーパー・ニンテンドー・ワールド」開業日を延期

  • cinemas PLUS
  • 更新日:2021/01/14
No image

大阪のユニバーサルスタジオジャパンは、大阪府への新型コロナウイルスの「緊急事態宣言」発令を受けて2021年2月4日に予定していた新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業を延期すると発表した。

新たな開業日は「緊急事態宣言」解除後に改めて決定する。

また合わせて2021年1月17日(日)から2月7日(日)までは入場者数の制限する。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2021年1月13日の大阪府への「緊急事態宣言」発令にあたって、さまざまな側面から現況を慎重に検討した結果、2月4日に予定しておりました新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業を、「緊急事態宣言」解除後に延期します。「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業を心待ちにされているゲストの皆さまには、ご心配をおかけすることを心よりお詫びいたします。開業日は、「緊急事態宣言」解除後に改めてご案内します。ご了承ください。また、「緊急事態宣言」発令中のパークは、政府や地元自治体の方針に則り、入場者数を大幅に制限して運営します。パークのチケット販売数には上限がありますのでご注意ください。日付指定の前売りチケットを公式WEBサイトなどで販売していますので、お早めにご利用ください。詳細、およびチケットの取扱いについてはこちらhttps://www.usj.co.jp/ticket/news/state-of-emergency-20210113.htmlパークは引き続き、ゲストの皆さまとクルーの健康と安全の確保を最優先に、マスクの着用や手指消毒、他の方との距離の確保、清掃消毒の強化など、徹底した感染拡大防止対策を厳格に実施していきます。皆さまのご来場を、クルー一同、心よりお待ちしています。

シネマズ 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加