兵庫県で過去最多1191人感染 際立つ感染スピード 新型コロナ

兵庫県で過去最多1191人感染 際立つ感染スピード 新型コロナ

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2022/01/15

兵庫県は15日、新たに1191人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。昨年8月18日の1088人を超え、県内では過去最多となった。新変異株「オミクロン株」が流行し、感染拡大のスピードは昨夏の第5波を大きく上回る。重症者は1人にとどまっているが、今後高齢者に感染が広がる可能性もあり、県は対策の徹底を呼び掛ける。

No image

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

これまでの感染者のピークは、第4波が629人、第5波が1088人となり、いずれも感染者が100人に達してから約1カ月でピークを迎えた。

今回の第6波は感染スピードの速さが際立つ。第5波の感染者は前週比で最大2・5倍だったが、今回は1月9~12日が10倍超に。6日に100人を上回ると、9日後の15日に千人を超えた。

大半が軽症のため、医療体制は第5波までよりは余裕がある。過去に新規感染者が最多を記録した日で比較すると、病床使用率は第4、5波で50%を大きく上回っていたが、第6波は15日午前0時時点で24・8%。重症用の病床使用率は0・7%にとどまっており、第4波の75%、第5波の40%をかなり下回っている。

県感染症対策課は「軽症が非常に多いことが特徴だが、安心してはいけない」とする。第6波の感染者は30代以下が約7割で、第5波よりも若者への感染が広がっており、「さらに感染者が増え、今後、重症化しやすい高齢者にも広がりかねない」と危機感を強めている。(井川朋宏、高田康夫)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加