仙台放送、コネクテッドTV向け「脳体操」を提供 J:COM LINK に「テレビいきいき脳体操アプリ」を搭載 / Screens

仙台放送、コネクテッドTV向け「脳体操」を提供 J:COM LINK に「テレビいきいき脳体操アプリ」を搭載 / Screens

  • Screens
  • 更新日:2021/11/25

株式会社仙台放送(仙台市青葉区、以下「仙台放送」)は、国立大学法人東北大学加齢医学研究所と共同開発した「テレビいきいき脳体操アプリ(以下「脳体操アプリ」)」を、2021年11月25日より、JCOM株式会社(東京都千代田区、以下「J:COM」)が展開する4Kチューナー「J:COM LINK」(4K放送を含む放送サービスと動画配信サービスを融合させたAndroid TV搭載のSTB)向けのサービスとして提供することを発表した。

No image

仙台放送は、東北大学加齢医学研究所と産学連携により共同開発した「脳体操アプリ」のスマートフォン版のサービスを、2020年から保険会社や自治体向けに提供し、ドライバーの運転技能向上や認知機能低下の抑制、安全安心なモビリティ社会の実現に向けて取り組んできた。

また2021年4月からは、同アプリにAI(人工知能)を搭載。個々のトレーニング状況をAIが解析し、プレイヤー毎に最適なトレーニングへ調整する機能を拡張するなど、「運転技能」「認知機能」「感情状態」の向上だけでなく、安全運転管理や商品開発など、データ活用の幅を広げてきた。

【関連記事】仙台放送「運転技能向上トレーニング・アプリ」にAIを搭載

今後仙台放送は、放送通信をシームレスに視聴できる4Kチューナー「J:COM LINK」に、「運転技能向上トレーニング・アプリ」を搭載した「脳体操アプリ」を提供。これにより「J:COM LINK」を設置している契約者は、各家庭のテレビとリモコンを用いて、テレビの大きな画面で、効果的に脳のトレーニングを行うことができるようになる。

仙台放送とJ:COMは、本アプリをより多くの人に継続利用する環境を提供することで、昨今、社会課題になっている高齢ドライバーによる交通事故を抑制し、「安全運転寿命」を延ばすことを目指していくという。

「脳体操アプリ」とは

仙台放送と東北大学加齢医学研究所が産学連携により共同開発した「トレーニング・アプリ」。東北大学加齢医学研究所・川島隆太教授による脳科学研究の成果と、仙台放送が開発・放送している脳のトレーニング番組『川島隆太教授のテレビいきいき脳体操』の知見から開発された(特許6284171号)。テレビやタブレット等の端末を利用した「作業速度訓練による安全運転能力向上プログラム」で、実際の運転行為や疑似運転行為(シミュレーター等)を伴わない日常的な認知トレーニングにより、運転技能の維持・向上を目指すことができる。

「脳体操アプリ」公式サイト

リリース

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加