レスターに大打撃...リカルド・ペレイラがアキレス腱断裂の重傷

レスターに大打撃...リカルド・ペレイラがアキレス腱断裂の重傷

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/05
No image

レスター・シティのポルトガル代表DFリカルド・ペレイラが、アキレス腱断裂の重傷を負ったことが分かった。

【動画】無名時代のマディソンが決めたスーパーゴール

7日に、ブレントフォードとの2022-23シーズンのプレミアリーグ開幕戦を控えるレスター。その重要な一戦に向け、公式会見に出席したブレンダン・ロジャーズ監督が最新のチームニュースを提供。

その際、先週末に行われたセビージャとのプレシーズンマッチで負傷交代したペレイラに言及。アキレス腱断裂により、すでに手術を行い6カ月程度の離脱となることを明らかにした。

「ここまで非常に良い感じで来ていたが、最後の試合となったセビージャ戦で負傷者を出してしまった」

「残念なことに、リカルド・ペレイラは最長で6カ月の離脱を余儀なくされる」

「彼はアキレス腱を断裂した。夏の間の我々のゲームアイデアの多くはサイドバック、とりわけ彼に基づいており、離脱はとても残念だ。彼はとても調子が良かっただけに、大きな打撃だ。彼は昨夜手術を受けたが、これから回復して再び強くなり、より良くなって戻ってくると確信している」

なお、ペレイラは2020年3月に負ったヒザ前十字じん帯(ACL)断裂の重傷を負って以降、ベストコンディションを取り戻すことに苦労。昨シーズンの終盤から徐々にコンディションを取り戻していただけに、同選手にとって厳しい長期離脱となった。

また、ロジャーズ監督は同じセビージャ戦で負傷交代していたFWハーヴィー・バーンズについても言及。「彼は負傷交代した。その時点ではそれほど悪いとは思わなかったが、ヒザの具合を見ると、ここから数週間は休むかもしれない」と、ペレイラに続く主力の離脱を嘆いている。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加