大谷翔平の同僚「俺が持っていってやるよ」 相手選手への気遣いに「優しい」ファンほっこり

大谷翔平の同僚「俺が持っていってやるよ」 相手選手への気遣いに「優しい」ファンほっこり

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/09/23
No image

【MLB】レンジャーズ5-3エンゼルス(9月22日・日本時間23日/アーリントン)

エンゼルスの大谷翔平選手が16試合ぶりにベンチスタートとなったこの試合。相手チームの選手がタイムリーを放った際に、エンゼルスの選手が相手のプロテクターをベンチへ持っていく気遣いのシーンが映し出され、このやりとりにほっこりした視聴者から反響が寄せられた。

【映像】フォードのスポーツマンシップにほっこり

3回裏2死二塁、0-3で3点を追うレンジャーズ。1番・セミエンがフルカウントからエンゼルス先発・ロレンゼンの80マイル(128キロ)のカーブを引っ張ると、これがレフトフェンス手前へ痛烈な当たりとなり、走者のスミスは生還、2点差に詰め寄った。

セミエンがその後、二塁上でプロテクターを外すと、これをベースカバーで二塁に来ていたエンゼルス一塁手のマイケル・フォードが「俺が持っていってやるよ」といった気遣いを見せた。これに視聴者からは「優しい」と反響が。短いやりとりではあったものの、スポーツマンシップにあふれたメジャーリーガーの人柄が浮かび上がる“ほっこり”シーンだった。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加