静岡市のビジネス交流施設でメアド197件漏えい 企業や学生など利用

静岡市のビジネス交流施設でメアド197件漏えい 企業や学生など利用

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2021/10/14
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

静岡市の公共施設の利用者197人分のメールアドレスが漏えいしたことがわかりました。

静岡市によりますと12日夜、葵区にあるコ・クリエーションスペースを運営する事業者が、利用者197人にメールでイベントの案内を送りましたが、送り先が見える形で送信したためアドレス197件が漏えいしました。

この施設は人材交流の拠点として、静岡市が8月に設置し、企業関係者や学生、行政職員などが利用していました。

今のところ情報の悪用などは確認されていません。市はチェック体制の徹底を図るとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加