三田ショッピングセンター跡地   西三田住宅有志ら、計画へ要望書提出〈川崎市多摩区〉

三田ショッピングセンター跡地 西三田住宅有志ら、計画へ要望書提出〈川崎市多摩区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/06

今春閉所した三田ショッピングセンター(三田4丁目)の跡地利用計画をめぐり、西三田住宅を中心とした近隣住民有志が要望書を作成。「跡地問題を考える住民の会」として7月26日、賛同する331人分の署名と共に事業主の東急不動産宛に郵送した。

跡地には、同社が6階建ての学生向け賃貸住宅の建設を予定する。7月18日と19日には、同社らが近隣住民に建築計画の説明会を開いた。

これを受け、有志がまとめた要望書の内容は「継続的に話し合いの場を持ってほしい」「日照や騒音、ごみ問題などに確実に対処してほしい」など4項目。共同代表の安井俊子さん(71)は「西三田住宅の中心となる場所なので、よりよい地域になるよう、周辺住民とコミュニケーションを取りながら計画を進めてほしい」、古橋明雄さん(73)は「周辺住民への周知が足りないと思う」と話している。

No image

要望書を持つ古橋さん(左)と安井さん

タウンニュース多摩区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加