厦門航空、エアバスA320neoファミリーを40機導入 エアバス機初導入

厦門航空、エアバスA320neoファミリーを40機導入 エアバス機初導入

  • Traicy
  • 更新日:2022/09/23
No image

厦門航空は、エアバスA320neoファミリーを40機確定発注した。

厦門航空は、1984年に設立。中国南方航空が大株主で、同社が契約を発表していた。現在はボーイング機のみを運航しており、エアバス機の導入は初めて。

2019年8月までに206機を導入し、アジア各地や、欧米へ路線網を展開してきた。江西航空と河北航空も傘下に置くほか、航空連合のスカイチームにも加盟している。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加