【最新話レポ】久々のイチャイチャシーンが......アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第12話、空気を読めない魔神王に大注目

【最新話レポ】久々のイチャイチャシーンが......アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第12話、空気を読めない魔神王に大注目

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2021/04/06
No image

(C)鈴木央・講談社/『七つの大罪 憤怒の審判』製作委員会・テレビ東京

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

2021年3月31日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第12話。メリオダス&エリザベスの再会を邪魔した魔神王に対し、ファンからは「せっかくいいところだったのにwww」「魔神王空気読んでくれ!(笑)」といったツッコミが相次いでいる。

注目を集めたのは、メリオダスとエリザベスの再会シーン。ゴウセルやキングたちが見守るなか、2人はきつく抱きしめ合って感動的な再会を喜んでいた。

しかし2人が再会した舞台はメリオダスの精神世界。メリオダスはまさに魔神王との激戦中で、すぐ近くには魔神王が剣を持って待ち構えている。

にも関わらず、照れ臭そうに「ニシシ 老けたろ 煉獄にゃ1000年はいたからな」とおどけたメリオダス。エリザベスも愛おしそうにメリオダスを見つめ、小さく「好き」と呟いたのだが――。

次の瞬間画面に映し出されたのは、「ぬうう~!」と声を上げながら攻撃を開始した魔神王の姿。エリザベスとメリオダスの再会を気にも留めず、ここぞとばかりに剣を振りかざしていた。

まったく空気の読めない魔神王に対し、視聴者からは「『ぬうう~!』じゃないわwww」「久しぶりのイチャイチャシーンだったのに!」などの反響が続出。

とはいえ、中には「たしかに攻撃するには絶好のチャンスだったけどね(笑)」「戦い方としては間違っていないけどさ…」と魔神王をフォローする声も上がっている。

果たして魔神王の“攻撃タイミング”はいつが正解だったのだろうか。

アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』
放送時間:毎週水曜17:55~(テレビ東京系)/その他放送各局による
原作:鈴木央
監督:西澤晋
出演:梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央 ほか

「石田さんのせいで余計に怖い(笑)」アニメ『ワールドトリガー』第11話、石田彰演じる王子一彰の容赦ない攻撃が話題

ダ・ヴィンチニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加