東海大相模、エース石田が勝ち越し打

東海大相模、エース石田が勝ち越し打

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/20
No image

東海大相模・石田投手は、救援し3回2安打無失点と決勝打を放つ活躍を見せた=保土ケ谷(撮影・赤堀宏幸)

第103回全国高校野球選手権大会神奈川大会(20日、東海大相模7-1川和、サーティーフォー保土ケ谷)東海大相模は1-1で迎えた九回1死一、三塁から、エースの石田(いした)隼都投手(3年)の右前2点適時打で勝ち越した。「長打でなくてもミートと思って振った。流れが悪かったので何とかしたかった」と笑顔。門馬敬治監督は、「石田の打球は飛んだコースがよかった。バント失敗があったけど勝ちなのだからナイスゲーム」と評価していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加