家に「トマト」があるならこれ作って♪人気料理家が教える夏の冷麺レシピ3つ

家に「トマト」があるならこれ作って♪人気料理家が教える夏の冷麺レシピ3つ

  • 美人百花.com
  • 更新日:2022/08/06

暑い夏は、ツルツルッといただける麺が食べたくなる季節♡ そこで、数々の素晴らしいレシピを持つ料理家さんたちに、「MY BEST 夏麺!」と推せる、冷たい麺料理を教えていただきました。今回は旬のトマトを使ったレシピをピックアップ!

合わせて冷やすだけのお手軽ソース「トマトとツナ、バジルのカッペリーニ」

料理研究家・重信初江さんの推し麺

No image

出典:美人百花.com

食欲がない日もスルッと入る、清涼感のある麺料理。冷やす間にトマトや玉ねぎのカドが取れて味が調和。ツナはサラダチキンで、バジルはしそで代用してもOKです。ソースは冷や奴にかけても!

材料[1人分]

トマト(大)…1個(200g)

玉ねぎみじん切り…大さじ1

A 塩…小さじ1/3

A オリーブオイル…大さじ1

ツナ缶…小1缶

バジルの葉…5〜6枚

カッペリーニ…80g(または、そうめん…2束100g)

作り方

(1)トマトは粗めのみじん切りにする。

(2)ボウルに(1)のトマトと玉ねぎ、A、ツナ缶、バジルの葉5〜6枚をちぎって混ぜ、冷蔵庫で30分ほど冷やす。

(3)カッペリーニまたはそうめんは、袋の表示時間通りにゆで、冷水でしめる。冷やした(2)のソースの中に入れて和える。

加熱したトマトとフレッシュトマトのダブル使い「トマトとツナの冷製パスタ」

料理研究家・ぐっち夫婦の推し麺

No image

出典:美人百花.com

見た目から涼やかで、 食べ応えあり! トマトを、とろりとして甘みが増す加熱、 酸味がおいしいフレッシュの両方で、味わい尽くします。ツナのうまみやにんにくが効いたソースに、フレッシュトマト、オリーブ、しそでアクセントを。特別感がアップ!

材料[1人分]

スパゲッティ…1人分

トマト…1個

ツナ缶…1/2缶

にんにく…1片

大葉…1〜2枚

ブラックオリーブ(スライス)…1〜2個

オリーブオイル…大さじ1

塩・こしょう…各適量

粗びき黒こしょう…少々

作り方

(1)ツナ缶は軽く油をきる。トマトは半分を1cm角のさいの目切りに、残りを8等分のくし形切りにする。にんにくはみじん切りにする。

(2)フライパンに(1)のにんにく、オリーブオイルを入れて弱火にかける。にんにくの香りが出てきたらさいの目切りにしたトマトを入れて中火で炒め、火が入ったら一度取り出して冷やしておく。

(3)沸騰した湯に塩適量(分量外)を入れ、スパゲッティは袋の表示時間より30秒長くゆでる。

(4)スパゲッティはざるにあけて流水で冷まし、水気をよくきってボウルに入れる。(2)の炒めたトマト、くし形切りにしたトマト、ツナ、ブラックオリーブを入れてさっと和え、塩・こしょうで味を調える。

(5)皿に盛り、大葉をちぎってのせる。お好みでオリーブオイル(分量外)、粗びき黒こしょうをかける。

韓国和え麺を身近な食材でアレンジ「ハムとミニトマトのビビン麺」

料理研究家/管理栄養士・エダジュンさんの推し麺

No image

出典:美人百花.com

夏に食べたくなる辛い麺。ミニトマトとキムチの相性でうまみが感じられて、コチュジャンなしでも本格的な味わいに。 ミニトマトでコクを出し、みょうがを効かせます。ハムで手軽にたんぱく質摂取!

材料[1人分]

そうめん…1束

ロースハム…2枚

ミニトマト…8個

白菜キムチ…100g

A しょうゆ・ごま油…各小さじ1

みょうが…1本

お好みで、いりごま(白あれば)

作り方

(1)ハムは短冊切り、ミニトマトは4等分にし、みょうがは小口切りにする。沸騰した鍋にそうめんを入れ、袋の表示時間通りに麺をゆでて流水で洗って水気をきる。

(2)ボウルに(1)のそうめん、A、ハム、ミニトマト、キムチを混ぜ、器に盛ってみょうがとごまを散らす。

教えてくれたのは

・重信初江さん

昔から受け継がれる家庭料理を大切にしながらも、現代的なセンスで提案する、再現性の高いレシピが人気。雑誌やテレビ、イベントなどで、幅広く活躍。『はじめてなのに現地味 おうち韓食』(主婦の友社)など著書多数。

・ぐっち夫婦

Tetsuya、SHINOの夫婦で活動。書籍出版の他、雑誌やテレビ出演、メディア連載などに多数出演し、オンラインでの料理教室も開催。YouTube チャンネル「ふたりごはん【料理家ぐっち夫婦の料理チャンネル】」も人気。

・エダジュンさん

「Soup Stock Tokyo」の本社勤務に携わり、2013年に独立。お手軽アジアご飯が得意。固定観念にとらわれないレシピがモットー。近著は『鶏むねダイエット 最強たんぱく質レシピ150』(主婦と生活社)。

掲載:美人百花2022年8月号「私たちの推し麺グランプリ」

再現調理・スタイリング/木村遥 撮影/福井裕子 文/鹿志村杏子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加