関大投手6人の総力戦も惜敗「四球11個が...」監督

関大投手6人の総力戦も惜敗「四球11個が...」監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

近大対関大 近大戦に先発する定本(撮影・加藤哉)

<関西学生野球:近大9-7関大>◇第6節第1日◇18日◇ほっともっと神戸

関大がベンチ入りの投手6人すべてを使う総力戦で惜敗した。8回に1点差に迫られ、なおも無死満塁で相手1番の飛球を右翼手が見失い、2点適時二塁打に。照明が点灯してすぐのプレーという不運だった。

早瀬万豊監督(62)は「見にくい状況は重なってしまった。本当によく粘ったが勝ちきれなかった。四球11個が…」と、投手陣の制球難を悔やんだ。優勝争いに残るためには絶対に連敗は許されない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加