ビヨンセの新曲「ブレイク・マイ・ソウル」をミシェル・オバマが絶賛「またやってくれましたね!」

ビヨンセの新曲「ブレイク・マイ・ソウル」をミシェル・オバマが絶賛「またやってくれましたね!」

  • Billboard JAPAN
  • 更新日:2022/06/23
No image

2022年6月21日にビヨンセのきらびやかなハウス・テイストの新曲「ブレイク・マイ・ソウル」がリリースされたが、公開から12時間も経たないうちにミシェル・オバマ元米ファースト・レディーが同曲を絶賛し、7月に発売されるニュー・アルバム『ルネッサンス』へ期待を寄せるコメントをツイートした。

ミシェル・オバマは、「クイーン@Beyonce、またやってくれましたね!“ブレイク・マイ・ソウル”は今、私たちが必要としている曲で、聴きながら一緒に踊ったり歌ったりせずにはいられません。アルバムが待ち遠しい!」と投稿している。

このツイートは、2019年にビヨンセのNetflixドキュメンタリー『HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品』の公開後に同作を称賛した際に生まれた“Hey Queen”ミームへのさりげない言及だ。当時の動画でオバマ夫人は、「ヘイ、クイーン!ガール、またやってくれたましたね、常に私たち全員のハードルを上げ、それを完璧にこなしています。驚いたと言いたいところですが、私はあなたがどういう人なのか知っています。個人的に間近で見てきたのです」と語っていた。この動画で彼女は、ビヨンセが次世代の若い黒人女性や男性に道を開いていることにも感謝したが、この“ヘイ・クイーン”という言葉はその後、SNSで真面目にも皮肉にも人を称賛するミームとして広く使われるようになった。

「ブレイク・マイ・ソウル」は、ビヨンセのニュー・アルバム『ルネッサンス』からのリード・シングルだ。詳細はまだ発表されていないが、米誌バラエティによると、このアルバムは2022年7月29日にリリース予定で、ダンスやカントリーの要素を含む全16曲が収録される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加