手取り20万円...「結婚も子供も考えられない」非正規社員、あまりに安月給の残酷

手取り20万円...「結婚も子供も考えられない」非正規社員、あまりに安月給の残酷

  • 幻冬舎ゴールドオンライン
  • 更新日:2022/06/23
No image

20代独身男性「4割がデート経験なし」などと報じられ、最近の若者の恋愛観について話題になっています。もう詳しくみていくと、そもそも「結婚なんて非現実的」という人たちの浮き彫りに。みていきましょう。

男女の間に広がる、結婚への意識の差

――20代独身男性「4割がデート経験なし」

大きく報じられた、こんな見出し。内閣府の調査の一部分を切り取ったもので、きちんと検証する必要ありそうですが、いまの人たちの結婚と現実には、少々差があることは確かなようです。

内閣府『令和3年度人生100年時代における結婚・仕事・収入に関する調査報告書』をみていきましょう。これは全国男女2万人に対して行った調査です。

それによると、結婚経験のない独身者の「結婚意思あり」割合は20代女性で65%、男性で54%。年齢が上がるにつれ、結婚の意識は薄れていく傾向にあります。また子どものいない独身者の「理想の子どもの数」は、20代で「0人」と「2人」で大きく分かれる結果になりました(図表1、図表2)。

さらに結婚への理想について、みていきましょう。

最初に結婚する年齢は、女性の理想は26.1歳で男性の理想は28.0歳。では実際はどうだったのかというと、女性は26.6歳で男性は28.9歳。また第1子誕生の年齢は、女性の理想は27.8歳、男性は29.9歳、現実は女性28.0歳、男性は30.7歳。理想と現実には、0.5〜1歳程度差があります。

厚生労働省『令和2年(2020)人口動態統計(確定数)の概況』によると、2020年の平均初婚年齢は、夫が31.0歳、妻が29.4歳で、第1子誕生時の平均年齢は父親が32.8歳、母親30.7歳。異なる調査なのでなんともいえませんが、理想と現実の差はもう少しあるかもしれません。

もとの調査に戻り結果をみていきます。では「結婚したい理由」はなんなのでしょうか。20~39歳男女で最も高いのは「好きな人と一緒に 生活をしたい」で5割前後。女性は「家族を持ちたい」30.8%、「精神的な安らぎの場を持ちたい」 27.5%、「子供が欲しい」26.9%と続きます。男性も同様の項目が高い傾向にありますが、「家族を持ちたい」「子供が欲しい」「精神的な安らぎの場を持ちたい」については、女性の方が高い傾向にありました。また「経済的な安定を得たい」が女性の方が高い傾向にあるのも特徴です(図表3)。

一方、「結婚したくない理由」はなんなのでしょうか。女性の場合「結婚するほど好きな人に巡り合っていないから」が最も多く37.5%。「結婚に縛られたくない、自由でいたいから」 35.7%、「結婚という形式に拘る必要性を感じないから」30.8%。と続きます(図表4)。

男性の場合、「結婚生活を送る経済力がない・仕事が不安定だから」が最も高く24.7%。「結婚するほど好きな人に巡り合って いないから」22.6%、「結婚に縛られたくない、自由でいたいから」22.2%。が続きます(図表5)。

結婚のための経済力に応えられない…非正規社員たちの現実

「結婚はお金ではない」とはいいますが、生活をしなければならないので、なんだかんだいって経済力。そこを重視する女性と、応えられない男性……そんな関係性がみえていきます。

同調査の独身男性、20代では15%、30代では20%が、非正規社員でした。

【独身男性現職の就業状況】

・正規雇用:46.0%/52.2%

・非正規雇用:15.2%/19.8%

・自営業・その他:4.4%/7.8%

・働いていない(学生含む):34.4%/20.3%

出所:内閣府『令和3年度人生100年時代における結婚・仕事・収入に関する調査報告書』

厚生労働省『令和3年賃金構造基本統計調査』によると、男性・非正規社員の平均月収は26万1,600円。手取りにすると20万円ほどです。賞与も含めた年収は342万円ほどになります。

結婚適齢期といわれる年代についてみていくと、20代後半で月収は24万1,400円、30代前半で24万6,000円、30代後半で25万1,300円。驚くほど、給与は増えていません。それが正社員だとどうでしょう。20代後半で29万5,000円、30代前半で33万8,000円、30代後半で37万6,400円。これで経済的に十分かどうかは意見が分かれるところではありますが、年齢と共に給与は増え、結婚への機運は高まります。

また非正規社員とはいっても給与はピンキリ。そこで給与のちょうど真ん中である中央値をみていくと、男性・非正規社員で21万2,300円、20代後半では19万8,000円、30代前半で20万1,300円、30代後半で20万7,300円。月収20万円ほどだと、手取りにすると15万〜16万円程度。これで結婚を考えるのは難しいといわざるをえません。

積極的に非正規社員になったわけではなく、正規社員の仕事がないことを理由にしている人が、男性で112万人いるといわれています。もちろん正社員であれば結婚を考えられる給与が手に入るかといえば、そうは言い切れません。ただ不本意で非正規社員を続けるしかない人たちに、手を差しのべる必要はありそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加