【ヤクルト】56号に期待かかる村上宗隆、第1打席は空振り三振

【ヤクルト】56号に期待かかる村上宗隆、第1打席は空振り三振

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/23
No image

ヤクルト対DeNA 2回裏ヤクルト無死、空振り三振に倒れる村上(撮影・たえ見朱実)

<ヤクルト-DeNA>◇23日◇神宮

日本選手最多タイのシーズン55本塁打を放っているヤクルト村上宗隆内野手(22)は、第1打席で空振り三振に倒れた。

2回先頭、DeNAの左腕浜口との対決は降りしきる雨の中で始まった。2ボール1ストライクから145キロの直球を左へファウル。続いて低めのチェンジアップを右へファウル。6球目、高め145キロの直球の下をバットが通過した。

13日に2本塁打してから前日まで6試合本塁打がなく、10日ぶりの1発に期待がかかる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加