バレーボール日本代表が中国に完敗 荒木主将「課題がたくさん」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/03

「バレーボール・女子国際親善試合、日本0-3中国」(1日、有明アリーナ)

東京五輪のテスト大会を兼ねて無観客で行われ、日本は世界ランキング1位の中国に0-3でストレート負けを喫した。

第1セットを16-25、第2セットを18-25と連続で失った日本は、第3セットに序盤から連続得点でこの試合初めてリードする展開を繰り広げたが、中国の追撃を振り切れず29-31で落として完敗した。

主将の荒木絵里香(36)=トヨタ車体=は「課題がたくさんあってまだまだ頑張っていかないといけないことを痛感した」。中田久美監督(55)は「最後のセットは勝ちきりたかったけど、今月後半のネーションズリーグに向けてしっかりと強化をしていきたい」と前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加