『犯人に告ぐ! 第9弾』約2年ぶりの放送 盗聴器めぐり番組初の大規模捜索に

『犯人に告ぐ! 第9弾』約2年ぶりの放送 盗聴器めぐり番組初の大規模捜索に

  • Sirabee
  • 更新日:2021/11/25
No image

12月1日夜7時から、坂上忍ヒロミがMCを務める『犯人に告ぐ! 盗聴盗撮 怒りの追跡バスターズ第9弾』(TBS系)が放送される。

■迷惑行為を繰り返す犯人を追跡

平穏な暮らしを脅かされた犯罪被害者の言葉にならない悲痛な訴えに耳を傾け、盗聴犯やストーカー、迷惑行為を繰り返す犯人たちを追跡する当番組。犯罪の実態を紹介し、被害に遭わないための知識も解説し好評を博していた。

今回放送の第9弾は、約2年ぶりとなる。MCを務めるのはこれまでに引き続き、名コンビの坂上とヒロミだ。今回も次々と露わになる悪質な犯罪を目にしたヒロミは、「騙す方のテクニックもどんどん進化している」と、巧妙化する犯罪手口の数々に驚いた様子。

関連記事:坂上忍、週刊誌による芸能人の家族の盗撮に苦言 「このSNSの時代に…」

■身近な問題だからこそ解決する大変さ

これまで番組内で様々なロケに同行してきた坂上は、今回初めて自宅の境界線を巡り暴力行為にまで発展した近隣トラブルの現場を直撃。問題があったとされる50代姉妹の驚くべき生活実態も明らかにされた。

坂上は「身近な問題だからこそ、解決する大変さを身をもって知りました」と、ロケの感想を語った。

■番組初の大規模捜索に発展

これまでにも、女性の自宅に盗聴器を仕掛ける大家、シングルマザーを狙った盗聴犯など悪質かつ巧妙に仕掛けられた盗聴器を発見してきた“盗聴器バスターズ”。

今回はなんと兵庫県川西市役所から、盗聴器の電波を発見。狙われたのは市民の個人情報か、はたまた入札などの機密情報か。番組初の大規模捜索に発展することになった盗聴器バスターズは見逃せない。

■スタッフさんの執念を感じました

MCを務める坂上とヒロミからコメントが届いている。

坂上:2年ぶりの放送ですが、犯人をとことん追跡するスタッフさんのしつこさというか執念みたいなものを感じました(苦笑)。今回初めて近隣トラブルを起こす姉妹の元を訪ねてみて、身近な問題だからこその大変さを身をもって知りました。

行政がもっと率先して解決すればいいと口では言ってみても、そんな簡単なことではない。人と人との仲を取り持つ難しさを痛感しました。番組としての新たな試みにも挑戦しているので、ぜひ放送をご覧いただきたいですね!

ヒロミ:今回も様々な犯罪を追跡したVTRを見ていて思ったけど、本当に悪い奴がいるもんだね。コロナ禍もあって、リモートが増えた影響もあるのかもしれないけど、会わないでお金を騙し取る人がいることにはとにかく驚いた。

騙す方のテクニックもどんどん進化しているからこそ、僕たちも気をつけないといけないし、そんな悪い奴らを野放しにしてはいけないっていうことが伝わればうれしいです。

・合わせて読みたい→芸能人と恋愛したい一般人が「理解したほうがいいこと」 坂上忍が私見

(文/Sirabee 編集部・ホンマみつる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加