交通遺児を支援 売り上げの一部が寄付される“自動販売機” 新潟県内で初めて設置

交通遺児を支援 売り上げの一部が寄付される“自動販売機” 新潟県内で初めて設置

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2022/01/14
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

新潟県トラック協会は、売り上げの一部が交通遺児育英会に寄付される自動販売機を導入しました。

交通遺児育英会は、交通事故で保護者が亡くなるなどして経済的に修学が困難になった子どものために奨学金を無利子で貸し出している団体です。

【県トラック協会 平山一良 部長】

「募金型の自動販売機が町中にあふれれば社会の成り立ち、形が少しは変わるのではないかなと」

この自動販売機の設置は県内では初めてで、一般の人の利用も可能だということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加