11月22日の注目映画第1位は『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』

11月22日の注目映画第1位は『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2023/11/22
No image

『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』(C) 映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」製作委員会

11月22日に映画サイト「シネマトゥデイ」でアクセスの多かった注目映画ベスト10です。

第1位『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』(11月17日公開)

No image

『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』(C) 映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」製作委員会

(C) 映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」製作委員会

水木しげる原作の「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する鬼太郎の父と、水木という男との出会いを描いたアニメーション。行方不明になった妻を捜すため、とある村を訪れた鬼太郎の父と、密命を帯びたサラリーマンの水木が惨劇に遭遇する。ボイスキャストは関俊彦や木内秀信、古川登志夫、沢城みゆき、野沢雅子など。監督を『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』なども担当した古賀豪が務める。

第2位『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』(11月23日公開)

No image

(C) 2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会

『パタリロ!』シリーズの原作などで知られる魔夜峰央の漫画を実写映画化した『翔んで埼玉』の続編。東京から虐げられている埼玉の自由を求めて立ち上がった埼玉解放戦線のさらなる戦いが、日本を分割する東西対決へと発展する。前作に続き『テルマエ・ロマエ』シリーズなどの武内英樹が監督、『かぐや様は告らせたい』シリーズなどの徳永友一が脚本を担当。麻実麗役のGACKT、壇ノ浦百美役の二階堂ふみをはじめ、加藤諒、益若つばさ、小沢真珠、中原翔子らが前作より続投する。

第3位『ゴジラ-1.0』(11月3日公開)

No image

(C) 2023 TOHO CO.,LTD.

『ゴジラ』シリーズの70周年記念作品で、『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』シリーズなどの山崎貴が監督、脚本、VFXを担当するパニックムービー。戦後、焼け野原となった日本にゴジラが現れ、戦争の惨禍を生き抜いた主人公らに襲い掛かる。NHKの連続テレビ小説「らんまん」などの神木隆之介と浜辺美波が主人公とヒロインを演じ、山田裕貴や安藤サクラ、佐々木蔵之介などが共演する。

第4位『OUT』(11月17日公開)

No image

(C) 2023『OUT』製作委員会

井口達也、みずたまことのコミック「OUT」を実写化した青春アクション。少年院から出所した元暴走族の青年が、更生を誓いながらも暴走族の抗争に巻き込まれていく。メガホンを取るのは、原作者・井口達也の中学時代の友人でもある『リスタート』などの品川ヒロシ。『衝動』などの倉悠貴、『野球部に花束を』などの醍醐虎汰朗、『死刑にいたる病』などの水上恒司らが出演する。

第5位『毒戦 BELIEVER 2』(11月17日公開)

No image

アジア最大の麻薬組織を捜査する刑事の活躍を描いた韓国のアクションサスペンス。麻薬組織を率いる謎の人物の正体を追う刑事が、さまざまな思惑を持つ人物たちとの闘いに挑む。前作に引き続きチョ・ジヌンやチャ・スンウォンが出演するほか、『太陽は動かない』などのハン・ヒョジュ、『残酷な怪物』などのオ・スンフンなどが共演。監督を『ビューティー・インサイド』などのペク・チョンヨルが務める。

第6位『首』(11月23日公開)

No image

(C) 2023KADOKAWA (C) T.N GON Co.,Ltd

『アウトレイジ』シリーズなどの北野武監督が自身の小説を原作に、本能寺の変を描く時代劇。北野監督が脚本などのほか羽柴秀吉役も務め、天下取りを狙う織田信長、徳川家康、さらに明智光秀ら戦国武将たちの野望を映し出す。『ドライブ・マイ・カー』などの西島秀俊、『それでもボクはやってない』などの加瀬亮のほか、中村獅童、浅野忠信、大森南朋、遠藤憲一らがキャストに名を連ねる。

第7位『怪物の木こり』(12月1日公開)

No image

(C) 2023「怪物の木こり」製作委員会

「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した倉井眉介の小説を映画化。連続猟奇殺人鬼に命を狙われたサイコパス弁護士が、殺人鬼を返り討ちにする機会をうかがう。『藁の楯 わらのたて』などの三池崇史が監督、同作にも携わった小岩井宏悦が脚本を担当。目的のためには殺人も辞さない主人公を『ジョーカー・ゲーム』などの亀梨和也が演じ、『七人の秘書』シリーズなどの菜々緒、『見えない目撃者』などの吉岡里帆のほか、堀部圭亮、渋川清彦、染谷将太、中村獅童らが出演する。

第8位『法廷遊戯』(11月10日公開)

No image

(C) 五十嵐律人/講談社 (C) 2023「法廷遊戯」製作委員会

小説家で弁護士の五十嵐律人が司法修習生時代に上梓した小説を原作に描くミステリー。ロースクールの同級生の3人の男女が、実際に起きた殺人事件の真相を模擬裁判として追う中で、彼らの隠された真実が暴かれていく。メガホンを取るのは『桜のような僕の恋人』などの深川栄洋。『真夜中乙女戦争』などの永瀬廉、『市子』などの杉咲花、『スクロール』などの北村匠海のほか、柄本明、生瀬勝久、筒井道隆、大森南朋らが出演している。

第9位『さよなら ほやマン』(11月3日公開)

No image

(C) 2023 SIGLO / OFFICE SHIROUS / Rooftop / LONGRIDE

宮城県石巻市の離島を舞台に、過酷な境遇を懸命に生きる兄弟と、都会からやって来た漫画家の交流を描く人間ドラマ。石巻出身で『んで、全部、海さ流した。』などの庄司輝秋が監督・脚本、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」などの大友良英が音楽を担当。二人組バンド「MOROHA」のMC・アフロがホヤ漁師の主人公、『マリッジカウンセラー』などの呉城久美が漫画家、本作が映画初出演の黒崎煌代が主人公の弟を演じるほか、津田寛治、澤口佳伸、園山敬介、松金よね子らが出演する。

第10位『正欲』(11月10日公開)

No image

(C) 2021 朝井リョウ/新潮社 (C) 2023「正欲」製作委員会

『桐島、部活やめるってよ』の原作などで知られる朝井リョウの柴田錬三郎賞受賞作を映画化。息子が不登校になった検察官、ある秘密を抱えた販売員、心を閉ざして生活する大学生など、一見無関係な人々の人生が、ある事件をきっかけに交差し始める。『あゝ、荒野』シリーズなどの岸善幸が監督、同じく港岳彦が脚本を担当。『窓辺にて』などの稲垣吾郎、『くちびるに歌を』などの新垣結衣、『ビリーバーズ』などの磯村勇斗、『軍艦少年』などの佐藤寛太らが出演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加