住んでいる場所が30年以内に震度5弱~震度7までの地震に見舞われる確率を表示するコンテンツ「地震10秒診断」

住んでいる場所が30年以内に震度5弱~震度7までの地震に見舞われる確率を表示するコンテンツ「地震10秒診断」

  • @DIME
  • 更新日:2021/01/12
No image

もしもあなたの街で地震が起こると…?「地震10秒診断」

いつ起こるか分からない地震への備えを自分ごととして考えるのは大切なことだ。今回は日本損害保険協会の災害関連データを活用したデジタルコンテンツ「地震10秒診断」を紹介しよう。

No image

「地震10秒診断」は、アクセスする利用者の現在位置において、後30年以内に震度5弱~震度7までの5段階の揺れに見舞われる確率を表示。その規模の地震が起きた場合に想定される、①停電日数、②ガス停止日数、③断水日数、④家屋の全壊確率(木造及び鉄骨コンクリート造)、⑤出火確率の5種類のシミュレーション結果を提供する。

No image

例として、「東京都中央区銀座3丁目」で「地震10秒診断」を実施した場合、今後30年以内に、震度6強以上の揺れに見舞われる確率が32%、ライフラインが復旧するまでに、停電日数が5日間、ガス停止日数が27日間、断水日数は41日間に及ぶことなどが表示される。

利用者が「現在地で診断」ボタンをワンタップするだけで、簡単に結果を見ることができ、ライフラインの復旧予測は「早い」・「平均」・「遅い」の3段階、家屋の全壊確率は「木造」か「鉄筋コンクリート造」を切り替えて結果を表示できる。

「地震10秒診断」

https://www.jishin-hoken.jp/10sec-sim/

構成/ino.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加