ソフトバンク・千賀、今季初登板で快投も...左足首痛めアクシデント降板

ソフトバンク・千賀、今季初登板で快投も...左足首痛めアクシデント降板

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/04/06
No image

ソフトバンク・千賀滉大 (C)Kyodo News

◆ 両ふくらはぎ痛で出遅れ、今季初登板だったエース

ソフトバンクの千賀滉大投手(28)が6日、敵地・札幌ドームでの日本ハムで今季初登板初先発。チームの連敗阻止へ5回まで快投を見せていたが、6回に打球を処理した際に左足首を痛め、担架で運ばれ試合から退いた。

3点の援護をもらい初回のマウンドに上がったエース右腕。先頭の西川に対し150キロ後半の真っ直ぐを連発するなど快調に3者凡退スタートを切った。2回は四球、3回は初被安打で走者を背負うも後続を封じ序盤3回を無失点。4回は先頭打者の3番・渡邉に二塁打を許したが、後続を3人で斬りゼロを並べた。

5回もゼロを刻み勝利投手の権利を得たが、6回一死無走者の場面でアクシデント発生。渡邉の投直に素早くグラブを出し好捕したが、体勢を崩しその場に転倒。このとき左足首を捻り、その場にうずくまり顔を歪めた。

千賀は担架で運ばれ、そのまま降板。6回途中3安打無失点で今季初勝利の権利を持っているが、負傷箇所の状態が心配される。球団はエースの現状について「左足首痛みがあり、歩行困難な為、札幌市内で病院受診いたします。現在アイシング、テーピングでの圧迫処置をしています」と発表した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加