木更津総合、中央学院に七回コールド勝ち 決勝で専大松戸と対戦

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/20

第103回全国高校野球選手権千葉大会(20日、木更津総合12-3中央学院=七回コールド、ZOZOマリン)木更津総合が準決勝で中央学院を七回コールド12-3で下し、決勝進出を決めた。21日の決勝で専大松戸と対戦する。

1番の秋元俊太外野手(3年)が、一回に右翼席へ自身今大会2本目の先頭打者本塁打。7-3の五回2死からは、山中海斗内野手(3年)が自身初の満塁弾を放つなど計3本塁打と攻めた。

秋元は「まっすぐに絞ろうと思った」と5回戦の成田戦に続く今大会2本目の先頭弾。通算では今大会3本目のアーチとなった。山中は自身初のグランドスラムに「目前で(押し出し)フォアボール。絶対ストライクをとりにくると思った」と好球必打。七回には、中西祐樹捕手(2年)が左越えソロを放った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加