「特別警戒期間」に入って初の休日 道後の人出まばらに 「正直しんどい」【愛媛】

「特別警戒期間」に入って初の休日 道後の人出まばらに 「正直しんどい」【愛媛】

  • EBCニュース
  • 更新日:2022/01/17

愛媛県内が「特別警戒期間」に入ってから初の休日となった15日、松山市内の観光地は再び人出のまばらな光景が広がりました。

道後の町屋・芝奈月店長:

「お正月に比べたら完全に人通りは減っていますね。正直しんどいっていうのが率直な気持ちですね」

新型コロナウイルス感染の拡大に伴って、1月12日から再び「特別警戒期間」に入った愛媛県内では、年末年始のにぎわいから一変、観光地・道後は人出の少ない光景となました。

兵庫県からの観光客:

「全然人いないですね。(坊っちゃん)列車とかも駅で全然空いているって聞いたので」

感染が急速に拡大する中、観光地はコロナ対策と経済活動の両立に向けて難しい舵取りを強いられています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加