明日7日(水)の天気 寒暖差にご用心 日本海側は折りたたみ傘を持って

明日7日(水)の天気 寒暖差にご用心 日本海側は折りたたみ傘を持って

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/04/06
No image

2021/04/06 16:46 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東、東海、西日本は穏やかな晴天
・北日本日本海側は天気下り坂
・朝はヒンヤリ、昼はポカポカ
明日7日(水)は関東より西では晴れて過ごしやすい陽気となります。朝との寒暖差が大きくなりますので、体調管理に注意してください。北日本は日本海北部から前線が近づくため、日本海側で天気が下り坂です。次第に雲が多くなり、夜は雨や雷雨となる所があります。

関東、東海、西日本は穏やかな晴天

関東や東海、西日本では明け方まで一部でにわか雨があるものの、日中は青空が広がります。

洗濯物を干すにも良い天気ですが、花粉がまだ多く飛んでいますので、花粉症の方はよく払い落としてください。また、紫外線が強くなってきていますので、外出の際は対策をおこなってください。

北日本日本海側は天気下り坂

No image

雨の予想 7日(水)18時

北日本も晴れるものの、日本海側は天気が下り坂です。徐々に雲が多くなり、午後は雨が降り出す所があります。

北海道の山沿いでは雪になる所があり、北陸は落雷のおそれもあります。外出には雨具があると安心です。

朝はヒンヤリ、昼はポカポカ

朝は内陸を中心に冷える一方、昼間は気温が上がって、日差しが暖かく感じられます。

東海や西日本では20℃以上となる所があり、今日6日(火)は15℃前後にとどまった関東でも過ごしやすい陽気となります。朝晩と昼間の気温差が大きくなりますので、体調管理に注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加