ドライバー向け道路・気象情報サービス「ドラキャス」提供開始...日本気象協会

ドライバー向け道路・気象情報サービス「ドラキャス」提供開始...日本気象協会

  • レスポンス
  • 更新日:2020/11/20
No image

「ドラキャス」画面(イメージ)

もっと画像を見る
日本気象協会は、高速道路のドライバーが必要とする情報をスマートフォンなどで手軽に確認できるWebサイト「ドラキャス~driving weather forecast~」を11月20日から開始する。利用料金は無料。

ドラキャスでは、気象情報や道路情報の予測を、「3日後以降」「2日以内」「現在」とメニューを分けて表示。あらかじめ高速道路を利用する前に、気象や道路の情報を確認できる。また、大雨・暴風や、降雪による路面凍結などの影響を加味し、気象的要因による高速道路の走行の危険性や、通行に大きなリスクを及ぼす可能性がある情報を表示。運転警戒情報では、特定エリアの「越波」「大雨」「暴風」「路面積雪」「路面凍結」それぞれの発生が予想される可能性と期間も表示する。

ルート選択情報では、渋滞や通行止め、事故などの交通情報に加えて気象情報を組み合わせて表示。安全・安心でスムーズに通行可能なルートを選択・判断できる。「横からみよう デコボコ天気」では、現在地から先の高速道路の交通情報・天気予報を通常の平面と異なり、高速道路の断面図上に表示。道路を横から見ることで、この先の高速道路の標高やアップダウンを可視化する。

このほか、冬道の運転で注意するべきポイントや、降雪・路面凍結の可能性のある地域の注意喚起、冬道を安心・安全に運転するためのドライブグッズなどを紹介するコラムも用意する。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加