嵐・二宮和也、シンプルさの中に光る存在感

嵐・二宮和也、シンプルさの中に光る存在感

  • モデルプレス
  • 更新日:2020/09/17

【モデルプレス=2020/09/17】主演映画『浅田家!』の公開を控えた二宮和也が、28日発売の雑誌「with」11月号にソロで登場する。

No image

(写真 : 二宮和也(写真提供:講談社))

【写真】二宮和也、結婚発表のタイミングが今年11月だった理由

◆二宮和也の魅力

今や日本を代表する俳優として、映画界になくてはならない存在となった二宮。スクリーンに映し出される繊細な表現のその裏で、「役者・二宮和也」は何を考えどのように芝居に向き合っているのか……。そのココロの奥に迫るべく、今回は映画ライターとして活躍し、折々二宮への取材を行ってきた よしひろまさみち氏がインタビューを担当。6ページにわたる特集の中でじっくりとその想いに触れた。

嵐の5人ではたびたび同誌に登場しているが、今回は久しぶりのソロ取材。「今の二宮の魅力をどう伝えたいか」、スタッフで話し合いを重ね、目指したテーマは「まっすぐ」。あれだけの表現力を携えた「役者」として放つ視線や輝き、そして想いを「そのまま」ストレートに感じて欲しい、とシンプルさの中に光る存在感を切り取った。

シャツ、デニム、白いスニーカー……大人になった今だからこそ、そしてこのベーシックな装いだからこそ際立つまっすぐな視線。思わずハッとさせられる様々な美しい表情に注目だ。

◆完璧な二宮和也

現場では、さりげなくスタッフへの気遣いも見せてくれた二宮。限られた時間の中での一切無駄のない動きは本当にパーフェクト。眼鏡を着用するシーンも用意していたが、その「眼鏡づかい」もまた実にスマート。

眼鏡はファッション撮影でもよく使用するアイテムだが、これを「ナチュラルに」そして「素敵に」扱うことは意外に難しく、普段なら難航することも多めなアイテム。でもそこはやはり、そして二宮。どの角度でカメラを向けても完璧なポージングで、モニターを覗くスタッフたちを驚かせていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加