上坂すみれ「このあと10年も友達・同志になれるよね!」珠玉の楽曲たちを披露

上坂すみれ「このあと10年も友達・同志になれるよね!」珠玉の楽曲たちを披露

  • MusicVoice
  • 更新日:2023/03/22
No image

(撮影=鈴木健太(KENTA Inc)・高橋定敬)

声優・アーティストの上坂すみれが3月18日、3月19日に立川ステージガーデンで『SUMIRE UESAKA LIVE 2023 TALES OF SUMIPE 運命の書/同人の書』を開催した。アーティストデビュー10周年を迎えて初のライブとなった本公演は、上坂すみれのライブとしては約4年ぶりに声出しが解禁された。2日目となる「同人の書」では、上坂すみれのアーティスト活動の歴史を存分に感じることができる珠玉の楽曲たちが披露されることとなった。以下、2日目に行われた『SUMIRE UESAKA LIVE 2023 TALES OF SUMIPE 同人の書』オフィシャルライブレポート。

ステージ中央に上坂のシンボルマークである星をかたどった“革ブロマーク”が高々と掲げられる中、インスト曲「趣味者のテーマ〜underground heaven!!」のギターサウンドとともに会場に響き渡ったのは、プロレス実況さながらの魂を揺さぶられるような呼び込み。務めたのは、数々の格闘技にて名実況を生み出してきた清野茂樹氏。「ライブ」×「呼び込み」という驚きの演出に会場のボルテージが一気に高まる。存分に煽られた後、パステルカラーの衣装を身にまとい登場した上坂は、勢いそのまま昨年10月に発売した 5thアルバム『ANTHOLOGY & DESTINY』のリード曲である「筐体哀歌」を熱唱。激しいロックチューンでライブの幕開けを堂々飾る。かと思え ば、独特なコールでファンの心をつかんで離さない電波ソング「□をつければかわいかろう」(□は白抜きハートマーク)で鮮やかなギャッ プを見せつつ、ファンからのコールを煽り、「みんな会いたかったよ! ありがとう!」と上坂からもレスポンスを返す。MCでは「元気過ぎじゃない!? みんなが動いて喋ってる、同志(=ファン)は実在したね! ありがとう!ようこそお越しくださいました!」と元気よく挨拶。「声出しが解禁されたから、自分の盛り上がれる範囲で盛り上が っていただいて...」と 4年ぶりのファンによる声出し解禁の話題や、ステージセットが前日と代わりアンソロジーにあわせた本棚に変わっていることに触れる。「今日はお腹が空くセットリストだから! いっぱい汗かいてもらっても良いですか!」の掛け声とともに会場の一体感が強まったことを確認し次の曲へ。

続いて披露されたのは「Inner Urge」や「げんし、女子は、たいようだった。」といった個性豊かなリズムと振り 付けで上坂のアーティスト性を確立させた代表的な楽曲たち。アーティスト駆け出しのころのウィットに富んだ 曲たちに同志も思い思いの楽しみ方で盛り上がる。

中盤には純白のロリータ服で軽やかな足取りにて登場。上坂の音楽のルーツである 80‘s シティポップゾーンで は「海風のモノローグ」、「City Angel」を伸びやかな声で歌い上げる。 「Car□Wash□Girl」(□は白抜きハートマーク)、「よっぱらっぴ☆」、「ウエサカダイナミック」で同志達とのつながりをどんどん深めていく。 コールや振り付けなどファンと共にライブを作り上げていくスタイルこそ上坂すみれのライブの魅力の一つで あるといえるだろう。

後半、エメラルドグリーンのファンタジー風衣装に着替えてからは怒涛のハイテンポ曲が続く。最新曲「LOVE CRAZY」を皮切りに高速節が光る「パララックス・ビュー」、ユーロビート調の「来たれ!暁の同志」といった初 期の上坂を支えた楽曲も飛び出し、会場は今日一の盛り上がりを見せる。新旧交えたセットリスト構成にファン の声援が天井知らずに上がっていく。

「終盤に差し掛かってきたところでメンバー紹介のお時間です!」の呼びかけとともに、バンドメンバーの紹介 パートへ。バンドの前奏の後に上坂が各々に一言ずつ問いかける。そのユニークな言葉のかけあいで会場が笑い に包まれるのも、上坂のライブならではの光景だ。

上坂をアーティストとして不動の地位に押し上げた楽曲と言って差し支えない「POP TEAM EPIC」、「EASY LOVE」 がテンポよく繰り出され、会場のボルテージは最高潮に。まさにこの 4 年間の思いが堰を切ったように観客から声として溢れ出す。デビュー初期から大切に歌い続けてきた「革命的ブロードウェイ主義者同盟」を歌い上げ、お馴染みの掛け声とともに本編は一旦終了。

アンコールではライブTシャツをアレンジした衣装で登場。ゲーム「マジデス壊魔法少女マジカルデストロイヤーズ」主題歌である「リベリオン」の初披露で幕を開ける。さらに 14th シングルの今秋発売10周年記念本の制作が発表され、10周年イヤーのさらなる展開に期待が高まる。

「革命的ブロードウェイ主義者同盟も10周年ということで、本当に本当にありがとうございます! こんな感じでみんな、私と似てる・通じ合っている人が多いと思うんです」とアーティストデビュー10周年を迎えた感想 を口にする。順風満帆に見える活動の中にも様々な思い出があったことを同志に問いかけ、今日のライブ当日も 様々なイベントが開催されていることに触れる。「それでも日曜の大事な時間を取捨選択してくれて。それを10年続けてくれるってすごくない! ありがとう! 10年友達だからこのあと10年も友達・同志になれるよね!」 と感謝を語った。

アンコール2曲目は、「学生のときから本当に大好きで、雲の上のような存在を演じさせてもらっています」と 感想を口にするほど上坂の愛してやまない初代「うる星やつら」OP から「ラムのラブソング」をカバー。会場か らどよめきにも似た歓声が上がる中、キュートに歌い上げる。最後は上坂すみれのアーティスト活動の原点であ るデビュー曲「七つの海よりキミの海」へ。ベースが際立つイントロでは、「本当に本当に最後の曲です! みんな好き! あなたたち、正直言ってありがとう! 私のことを忘れてもたまには思い出して! 同志でいよう ね!」と想いを口にし、ラストは全力の「生産!団結!!反抑圧!!!」コールで会場すべての同志の思いを結集させライブは幕を閉じた。

セットリスト

※DAY2「同人の書」M1:趣味者のテーマ〜underground heaven!!M2:筐体哀歌M3:□をつければかわいかろう(□は白抜きハートマーク)M4:閻魔大王に訊いてごらんM5:Inner UrgeM6:げんし、女子は、たいようだった。M7:サイケデリック純情M8:地獄でホットケーキ幕間 -前半-M9:海風のモノローグM10:City AngelM11:踊れ!きゅーきょく哲学M12:Car□Wash□Girl(□は白抜きハートマーク)M13:よっぱらっぴ☆M14:ウエサカダイナミック幕間 -後半-M15:LOVE CRAZYM16:パララックス・ビューM17:来たれ!暁の同志M18:POP TEAM EPICM19:EASY LOVEM20:革命的ブロードウェイ主義者同盟 エンドロールアンコールEN1:リベリオンEN2:ラムのラブソング ※カバー曲EN3:七つの海よりキミの海

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加