NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
大谷翔平選手、無失点好投も5勝目ならず 「勝ちをつけてほしい」の声も

大谷翔平選手、無失点好投も5勝目ならず 「勝ちをつけてほしい」の声も

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/07/22
No image

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は19日(日本時間20日)、オークランド・アスレチックス戦に先発登板し、6回無失点の好投をみせた。

■5勝目とはならず…

「2番・投手」で先発出場した大谷選手は、6回3安打1四球8奪三振無失点の内容でまとめるが、打線の援護がなくメジャー自己最多の5勝目とはならず。

注目されている打撃に関しては3回の第2打席、2死1塁から中越えの2塁打を放つも、ランナーのデビッド・フレッチャー内野手が本塁でアウトとなり、得点とはならなかった。

この日は4打数1安打で、降板後の7回にはライトの守備に就くことに。しかし、あとを受けたスティーブ・シシェック投手が3ラン本塁打を浴びて勝負あり。

【動画】圧巻のピッチングをみせる大谷選手

関連記事:大谷翔平選手、衝撃の2打席連続本塁打にファン熱狂 「常識では考えられない」

■脅威の奪三振率

今季はパワフルなバッティングが注目されるが、ピッチングでもエース級の活躍をみせる。とくに奪三振率が高く、11.71を記録。1試合(9イニング)で11個以上の三振を取るという計算なのだ。

ここ2試合では、13回を投げて四死球1と課題であったコントロールも改善。ピンチの場面でしっかりと投げ切れている印象である。調子を維持できれば、2ケタ勝利&防御率2点台も現実的なモノとなるだろう。

■投手・大谷選手を絶賛する声

投手としての活躍にネットでは、「素晴らしすぎる」「体の軸が安定して、ボールがキレキレ」「とんでもないボールを投げているね」「なんていう落差の変化球なんだ」など、絶賛の声が続出。

その一方で、「打線が打てなさすぎだな」「勝ちをつけてほしい」「大谷選手の好投が無駄になってしまう」といったチームに対する厳しい意見も多くみられた。

■圧巻のピッチングを披露

力強いピッチングで空振りを奪い取る大谷選手。この投稿は現地のアメリカ人ファン、日本のファンに広く拡散されている。

It remains amazing that the MLB leader in homers has filth like this. pic.twitter.com/us8OQOfb4B
— MLB (@MLB)
July 20, 2021
from Twitter

・合わせて読みたい→大谷翔平、2位に5本差となる33号本塁打で天敵粉砕 MLB公式も「どこへ行ったの?」

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加