楽天・石井監督 乱調の宮森をかばう「ずっとやってもらっている」23試合目で初失点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/24

「楽天3-6日本ハム」(23日、楽天生命パーク宮城)

とうとう打たれた。楽天・宮森智志投手が同点の延長十回に登板し、デビューから23試合目でプロ初失点を喫した。

試合後、石井一久監督は「今日は全体的にアバウトさというのがあった」と振り返ったが「ずっとやってもらっているので、しょうがないです」と右腕を責めなかった。

緊迫した場面で踏ん張れなかった。同点で迎えた延長十回。1死二、三塁のピンチを招くと、上川畑に勝ち越しの適時打を許す。さらに代打・松本剛にも2点適時二塁打を許し、マウンドを降りた。

「次抑えられるように頑張ります」と悔しさをにじませた宮森。指揮官は「そこは学んで成長してもらえれば」とさらなるレベルアップに期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加