江本氏、巨人・デラロサに「四球を出しているようでは...」

江本氏、巨人・デラロサに「四球を出しているようでは...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/09/16
No image

巨人のデラロサ(C)Kyodo News

○ 巨人 7 - 6 阪神 ●
<15回戦・東京ドーム>

巨人の守護神・デラロサが、3点リードの9回からマウンドにあがるも、イニング途中で降板となった。

7-4の9回から登板したデラロサは、先頭の糸原健斗を一ゴロに仕留めるも、続くサンズに四球を与える。同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で放送された江本孟紀氏は「こういうところですよね。3点差もあってリリーフが四球を出しているようではダメなんですよ。結果的に0点に抑えるけど、1イニングにランナーを出しているようでは、リリーフじゃないですよ」とバッサリ。

直後にデラロサは、大山悠輔に2ランを浴び、ここで降板となった。江本氏は「ボールが続いているから真ん中へまっすぐ投げて、それ振ってホームランになったという単純な話ですよ」と厳しかった。

後を受けた中川皓太が後続を抑え逃げ切った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加