ペットを夜間に火葬するなら訪問ペット火葬がおすすめ

ペットを夜間に火葬するなら訪問ペット火葬がおすすめ

  • TravelBook(トラベルブック)
  • 更新日:2021/09/15

近年のペットブームにより、ペットに対する様々なサービスが増えていますが、その中でも顕著になっているのがペットの葬儀に関するサービス。そして、夜間でも対応可能というフレキシブルサービスで、なにかと多忙な現代の事情に合わせた訪問ペット火葬を扱う業者も増えています。今回は訪問ペット火葬ならではのサービスやメリットなどを解説していきます。安心して大切なペットの最期をお任せできるよう訪問ペット火葬業者のプランや選び方なども紹介していきます。縁起が悪いと嫌厭されるかもしれませんが、実際にその時が来て慌てないよう、予めどのような火葬を行うか考えておくのが良いでしょう。

ファミリーのライフスタイル記事を探す

訪問ペット火葬って?どんな流れで行うの?

No image

ペットの葬儀や火葬は、人間の場合と共通する部分も多々ありますが、やはりペットならではの独特のやり方などもあります。そして訪問ペット火葬ならば、なおさらイメージが付きにくいという方も多いはず。安心して利用するためにも、あらかじめ訪問ペット火葬の流れやシステムを知っておきましょう。ここでは流れや火葬車について解説していきます。

訪問ペット火葬を執り行う流れ

訪問ペット火葬は予約の日時に、火葬炉を搭載した専用車でスタッフが訪問してくれます。そして一般的にはご自宅で最後のお別れを行っていきます。その後、ご自宅に駐車場などがある場合はそこを使用する、ない場合には火葬に適した場所や飼い主さんが希望されるなどに移動して火葬を執り行います。ちなみに屋根付きガレージなど屋根のある場所では火葬ができません。

周囲への影響が心配?

火葬を行うとなると火葬炉から煙や臭いが出て、ご近所に迷惑がかかるのではと心配されるかもしれません。しかし、訪問火葬の車は無煙無臭、そして有害物質が出ないような構造になっているので安心です。さらに通常は車に業者の名前などを記載していないので、火葬をしていることが分からないようになっている点でもご近所に配慮されていると言えます。

どんなペットもお願いできる?

ペット火葬を行う火葬はどんなペットにも対応できるよう、温度が調整式になっておりお骨を綺麗に残せるように配慮されています。そのためハムスターやインコなどの小型動物から猫ちゃんやわんちゃんなどの中型動物、さらには大型犬でも対応が可能。しかし40キロを超えるような大型ペットの場合には対応できない火葬炉もあるため、必ず事前に確認しましょう。

訪問ペット火葬のメリット

No image

斎場やペット霊園で葬儀や火葬を行う場合には、ペットのお迎えサービスを実施している業者もありますが、基本的には自ら移動やペットの搬入などを行う必要があります。その点、訪問火葬なら移動の手間が省けるのでそれだけでもメリットと言えるでしょう。ここでは他の大きなメリットを紹介していきますので、参考にしてください。

夜間や休日でも火葬が可能

一般的な火葬場や斎場、ペット霊園では夜間の対応はできません。しかし訪問火葬の場合には、夜間や早朝、休日でも火葬が可能。そのためお仕事がお忙しい方でも利用しやすいのが大きなメリットです。そして依頼後すぐ駆け付けてくれる業者もあります。ペットが亡くなるタイミングは当然、予想ができるものではないので都合が合わせやすいのもメリットです。

費用が抑えられる

訪問火葬の場合には、先述の通り専用車でスタッフが訪問してくれます。そのため車がないお宅でも安心。移動にかかる費用を抑えられるだけでなく、火葬の料金自体も斎場や霊園などを利用するよりも抑えられることがほとんどです。その分、ペットへのお供えを用意したり供養に使ったりすることもできるので、経済的というメリットがあります。

自宅でお別れができる

斎場や霊園を利用した場合は、そちらでお別れ用の専用ルームが用意されていることもあります。しかし、やはり最後のお別れは慣れ親しんだ場所がいいというお気持ちの飼い主さんも多く、そういった場合には訪問火葬がおすすめ。お家やお庭、お散歩コースなどペットとの思い出の場所でお別れすることができるので、より心のこもったお別れの時間になるでしょう。

訪問ペット火葬にはどんなプランがある?

No image

一口に訪問火葬と言っても、プランがあります。火葬を行った後の供養方法までを考慮して選ぶ必要があるので注意しましょう。ここでは代表的な訪問火葬のプランを紹介していきます。もちろん業者によっては、もっと手厚いセレモニーがセットになっている場合もありますが、必ずしも高いプランが良いというわけでもありまんのでご希望や予算に合わせて選びましょう。

手厚くお見送りをしたい方には立会個別火葬

立会個別火葬の特徴は、火葬終了後に家族でお骨上げができるということです。ペットのお骨をスタッフの説明を受けながら一緒にお骨上げを行っていくので、心を込めて最後まで見守ることができます。ただ火葬終了まで待つ必要があり、ペットの大きさによってはある程度時間がかかるので、時間に余裕がある場合にしか利用できないので注意しましょう。

返骨を希望されるなら個別火葬

立会個別火葬との違いは、火葬後のお骨上げを一緒に行うかどうかです。個別火葬の場合には、火葬終了後にスタッフによるお骨上げ、そして骨壺にお骨を収めて骨袋に入れた状態で返却してもらえます。ご自宅に骨壺を置いて供養をしたい場合、もしくは一旦骨壺を受け取ってから納骨堂の利用などを検討したい場合などにもおすすめです。

寂しがり屋のペットちゃんには合同火葬

合同火葬は、他のペットと一緒に火葬を行います。そのためお骨の返却はありませんが、火葬後には他のペットたちと一緒に提携の寺院などで供養をしてもらえます。ご自宅での供養が難しい場合だけでなく、賑やかな雰囲気が好きだった、他の子と遊ぶのが好きだったというペット向けの火葬方法となっています。天国でも寂しくないようにという気持ちで見送ることができます。

失敗しない訪問ペット火葬業者の選び方は?

No image

訪問ペット火葬を専門としていたり、斎場での火葬の他に訪問火葬を扱っている業者など様々な業態があります。どんな場合でも、信頼できるスタッフや丁寧にペットを扱ってくれる業者を選ぶことが大切です。そこで、ここでは失敗しない訪問ペット火葬業者の選び方を紹介。斎場や霊園を選ぶ場合にも共通するポイントなので、ぜひ頭に入れておきましょう。

相見積もりを取る

ペットの火葬を度々利用したことがあるという方は少ないものです。そのため適正価格が分からず、言われた金額を払ってしまうというケースも。悪徳業者に引っかからないためにも、なるべく複数の業者に問い合わせをしたり、見積もりをもらうようにするのがおすすめです。金額だけでなく、スタッフの対応も比較してより安心できるところを選びましょう。

口コミや実績をチェックする

ホームページなどをチェックして、過去の実績や実際の利用者さんからの口コミをチェックしておくのがおすすめです。またホームページだけでなく、業者名で検索して口コミを見るのも良いでしょう。ペット火葬の業者に関しては、様々な口コミがあるので選ぶ際の大きな参考になります。なるべく多くの口コミが集まっている業者を選ぶのも良いでしょう。

有資格者が在籍しているか?

ペット葬儀においては動物葬祭ディレクターという資格があり、正しい知識や豊富な経験を持ったスタッフが在籍している業者もあり、ペットの扱いだけでなく飼い主さんの心に寄り添った対応をしてもらえます。しかし、有資格者がいないからと言って信用できないというわけではないので、一つの基準や安心要素として考えた方が良いでしょう。

■トラベルブックのおすすめする24時間365日対応のペット葬儀社はこちら

No image

東証上場企業が運営している信頼度の高いペット葬儀サービス。24時間365日受付しており、専門の相談員が豊富な知識を生かして親切・丁寧に応対してくれます。プランは「霊園供養プラン」「個別一任プラン」「家族立ち合いプラン」の3種類。霊園供養は合同火葬、それ以外は専用のセレモニーカーにて火葬を行います。火葬はロゴなどが入らない専用のセレモニーカーで自宅まで来てくれるので、近所の目を気にする必要もありません。ペット葬儀はハムスターのような小動物にも対応しており、深夜や早朝の火葬も可能。また生前見積もりでもしもの時に備えることもできます。

ペット葬儀110番の情報
電話番号:0120-673-025

訪問ペット火葬なら柔軟な対応が可能!

No image

今回紹介したように、訪問ペット火葬であれば不測の事態にも迅速に対応してもらえるので、夜間や休日の火葬も可能。お忙しい中でも、手厚くお別れをして火葬をお任せできるためペットの安らかな旅立ちを見守ってあげることができます。まずは問い合わせをして、希望に合った日程での火葬やお見送りができるかを尋ねてみましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加