J・アルバ、試合終了間際に失点しての痛恨ドローに...「とても残念に感じている」

J・アルバ、試合終了間際に失点しての痛恨ドローに...「とても残念に感じている」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/02/22
No image

バルセロナのJ・アルバ [写真]=Getty Images

バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバが、リーグ戦について言及した。21日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

同日にリーガ・エスパニョーラ第24節カディス戦を迎えたバルセロナだったが、試合終了間際の失点により1ー1の引き分けに終わった。今節黒星を喫していた首位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差を詰められなかった結果に、同試合にフル出場していたJ・アルバは以下のように語っている。

「僕たちは試合を支配していたが、勝利を収められなかった。全部自分たちのせいだと思っている。とても残念に感じているよ」

「リーグ戦の戦いはまだまだ長いが、今後このようなかたちでポイントを逃すわけにはいかない。我々はもう一度考え直して、チームを改善していかなければならないんだ。僕たちはバルセロナだから、常に進歩しなければならない」

16日に戦ったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦パリ・サンジェルマン戦に続き、公式戦2試合連続で勝利を逃したバルセロナ。次戦は24日、延期されていたリーガ・エスパニョーラ第1節エルチェ戦を迎える。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加