最弱の「凡人」主人公3選 戦闘力がザコすぎるが...?

最弱の「凡人」主人公3選 戦闘力がザコすぎるが...?

  • マグミクス
  • 更新日:2022/05/14
No image

著:西修『魔入りました!入間くん』第1巻(秋田書店)

凡人の、異常な努力が強すぎる

主人公といえば、「強くてかっこいい」イメージがありませんか? しかし、なかには戦闘能力がザコな凡人主人公もいます。この記事では、戦闘能力はザコですが、それ以外の面ですごい能力を持った主人公を3人ご紹介します。

●鈴木入間(イルマ)『魔入りました!入間くん』

【画像】少年マンガの最強な主人公を見る(4枚)

主人公の鈴木入間(イルマ)は、自由奔放な両親に毎日振り回される日々を過ごしていました。ある日、両親はお金欲しさに悪魔・サリバンにイルマを売ってしまいます。超絶お人好しなイルマは、サリバンの「お願い」で悪魔学校へ入学することになります……。

普通の人間であるイルマは、人間は食べ物だと言われる魔界で圧倒的に弱い存在です。しかし、アホ両親にさまざまな修羅場を経験させられたことで得た、圧倒的危機回避能力で、あらゆる攻撃から逃れることができました。サリバンの魔力を借りなければ攻撃はできませんが、圧倒的な危機回避能力とタイミングの悪さ(良さ?)から、悪魔学校で悪名をとどろかせていく姿に笑みがこぼれます。

●菜月昴(ナツキ・スバル)『Re:ゼロから始める異世界生活』

通称『リゼロ』は、原作が「小説家になろう」で連載されていた長編小説で、2016年からアニメ化もされています。コンビニからの帰り道、突然異世界へ飛ばされてしまった凡人・スバル。たったひとつの「祝福」のみで、危険の多い異世界へ放り込まれます……。

異世界での戦闘能力はザコ同然だったスバル。しかし、魔女から与えられた「死に戻り」という祝福で、死亡すると時間を巻き戻して過去に戻ることができるようになりました。物怖じしない態度と、自らを犠牲にしてでも仲間を守ろうとする芯の強さがあったスバルだからこそ、何度も経験した死ぬ「苦痛」を耐え抜けたのでしょう。

●三雲修『ワールドトリガー』

「近界民(ネイバー)」と呼ばれる異世界からの侵略者から街を守るため、「ボーダー」という対抗組織ができた時代。真面目な少年・三雲修のクラスに転校生がやってきました。ちょっと変わった転校生・空閑遊真は自身を「近界民」だと言い出します……。

トリオン量や身体能力が一般的な隊員より低く、一度は入隊試験に落ちた経験もあるほど。しかし、いままで戦った経験と持ち前の頭脳を生かして、味方のサポートをしながら敵を攻略していきます。特出した能力はないですが、努力を惜しまないひたむきな姿に、胸を打たれる読者も多いのではないでしょうか。

(マグミクス編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加