大和コールド初戦突破、幼なじみコンビ活躍/神奈川

大和コールド初戦突破、幼なじみコンビ活躍/神奈川

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

横須賀南対大和 試合に勝利し、ガッツポーズをする大和・山本(左)と村上(撮影・湯本勝大)

<高校野球神奈川大会:大和10-0横須賀南>◇1日◇1回戦◇横須賀スタジアム

神奈川県の独自大会が1日、開幕し、大和は6回コールドで初戦を突破した。

幼なじみコンビが勝利に導いた。1番山本隼大(としひろ)内野手と6番村上啓一郎外野手(ともに3年)は少年野球チーム、荏田南イーグルスからのチームメート。同じ中学(中川西中)と高校に進み、最後の夏に臨んだ。

4-0で迎えた6回1死一塁の場面で、村上が中越え適時三塁打を放つと、打線が活性化。1死一、二塁となると、山本も同じく中越えに2点適時三塁打を放った。山本は「森崎監督からボールを引きつけて打てと言われ、みんなが意識を統一してやった結果」と控えめに笑った。初戦で勢いをつけ、昨夏超えの4回戦突破を目指す。山本は「先輩たちの結果を超えるという目標を忘れずに取り組んでいきたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加