東山光明、彩乃かなみらが出演 ミュージカル『BLUE RAIN』開幕 オフィシャルレポートが到着

東山光明、彩乃かなみらが出演 ミュージカル『BLUE RAIN』開幕 オフィシャルレポートが到着

  • SPICE
  • 更新日:2022/01/17
No image

2022年1月13日(木)~1月26日(水)博品館劇場にてミュージカル『BLUE RAIN』が上演される。このたび本作のオフィシャルレポートが到着した。

1月13日、東京・博品館劇場にてミュージカル『BLUE RAIN』が開幕した。2018年に韓国で創作され、日本ではコロナ禍まっただなかの2020年7月に初演され話題になった作品の再演だ。演出は荻田浩一。

ドストエフスキーの名作『カラマーゾフの兄弟』をベースに舞台を1990年代のアメリカ西部に移し変え、ある大富豪の死の真相をめぐる、家族の愛憎と因縁をドラマチックに描き出す物語。暴君として君臨していたジョン・ルキペールを殺したのは誰か。父に反発して家を飛び出し、12年ぶりに帰ってきた長男テオか。その恋人でジョンとも関わりのあったヘイドンか。あるいは一家の家政婦エマか、新しい使用人サイラスか。弁護士となった次男ルークは逮捕された兄テオを救うため、真犯人を探すが……。手に汗を握るミステリ仕立てのストーリー展開の中に、神と悪魔の存在への問い、何が善で何が悪なのかといった哲学的テーマも内包される、奥深い物語だ。

出演者はルーク役の東山光明、エマ役の池田有希子を除き、新しいキャストになった。確かな技術を持った実力派俳優が揃っているが、中でも殺される父・ジョンの今拓哉が素晴らしい存在感を放っている。他人を人と思わず暴力と金の力で従わせ、死してなお息子たちを苦しめ続ける悪魔のようなジョン。今のジョンは悪意の塊のような厭らしさで、この話はジョンに象徴される負の感情が悪夢のように人々に覆いかぶさり、そこから脱却しようともがく人間たちの内なる“善と悪の葛藤”の物語であることがくっきりと伝わってきた。

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

ルーク役の東山が、初演時に比べ冷酷さを際立たせた役作りであることも、父ジョンの“血”を感じさせて良い。ほか、テオ役の大沢健(石井雅登とWキャスト)とヘイドン役の彩乃かなみは、夢を抱きながらも行き詰っている恋人たちのギリギリの感情を丁寧に紡ぎ、池田はエマの善なる魂をしなやかに演じ、サイラス役の染谷洸太(伊藤広祥とWキャスト)の静かなる狂気も印象的。わずか6人の登場人物が、乱高下する物語の中で翻弄されながらも、それぞれの信念を握りしめて駆け抜ける姿に、人間が人間らしく生きることの意味が浮かび上がる。

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

初演時は新型コロナウイルスが今より未知のもので、人類全体がこのウイルスに対しどう向き合えばいいのかまだまだ手探りだった時期。そのため舞台セットにビニール幕やパーテーションを組み込み、俳優同士の接触を極力抑えた“with コロナ”の演出での上演となった。今回の再演でもその印象的だったセットは残る。

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

だが少し冷静にコロナと向き合うことができている今、改めてこの作品を観ると、この装置が物語に非常にマッチしていることがよくわかる。この登場人物たちの間には、常に何かしらの障壁がある。近付きたくても近付けなかったり、思いを激しくぶつけても仕切り越しでは相手に届かなかったりする徒労感、絶望感もある。

No image

ミュージカル『BLUE RAIN』 (C)ミュージカル「BLUE RAIN」製作委員会/岩田えり

今回は初演に比べると過度な非接触はなくなり、思いを重ねるところは俳優同士が触れ合ったりもしているため、セットの“心の障壁”という色が明確になり、演出面も洗練された。演出も、物語も、音楽も、俳優の熱演も、すべてに秀でているミュージカル。“with コロナ”の上演にフォーカスされすぎてしまった『BLUE RAIN』だが、この再演で作品の正当な価値が見直されるだろうし、評価されてしかるべきクオリティの高いミュージカルだと思う。

取材・文:平野祥恵

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加