ルブレフ初勝利「幸せな気分」

ルブレフ初勝利「幸せな気分」

  • tennis365
  • 更新日:2020/11/26
No image

大会初勝利をあげたルブレフ : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は19日、グループ・ロンドン2020の予選ラウンドロビン第3戦が行われ、第7シードのA・ルブレフ(ロシア)が第3シードのD・ティーム(オーストリア)を6-2, 7-5のストレートで下し、大会初勝利をあげるとともに、予選ラウンドロビン1勝2敗とした。

>>ATPファイナルズ組み合わせ表<<

今シーズン、5つのタイトルを獲得し同大会初出場を決めたルブレフだったが、予選ラウンドロビンでは第2シードのR・ナダル(スペイン)、第6シードのS・チチパス(ギリシャ)に連敗を喫し敗退が決まっていた。第3戦、ルブレフは序盤から積極的なテニスを披露するとティームから2度のブレークに成功し第1セットを先取。

第2セットでは6本のサービスエースを決めるなど、ファーストサービスが入ったときに71パーセントの確率でポイントを獲得。1時間14分で今大会初白星を飾った。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには23歳のルブレフのコメントを掲載している。

「最初のポイントから、そして最初のリターンからとても良いスタートを切れたよ。ドミニク(ティーム)はスタートが悪かったから、僕は最初からアドバンテージを取れていたんだ。それが自信につながり、より良いプレーができるようになった。準決勝でのドミニクの健闘を祈っているよ、彼は今いる場所にいて、タイトルを獲得するに値する」

また、初出場となったNitto ATPファイナルズについては「ここに来れて幸せな気分だよ。2試合目はとても接戦だったんだ。マッチポイントもあったし、サーブもできていたからね。もし2勝していたら、まったく違う話になっていたかもしれない。でもこれは人生の一部だから、これからも努力し続けて、次に何が起こるかを見ていきたい」と話した。

一方、大会初制覇を狙う27歳のティームはこの試合で敗れたものの、グループ・ロンドン2020で1位通過し決勝トーナメント進出を確定。準決勝ではグループ・東京1970の2位通過者と顔を合わせる。

また、同日行われた第3戦ではナダルがチチパスをフルセットで下し勝利。予選ラウンドロビン2勝1敗としてグループ2位通過を決めた。準決勝ではグループ・東京1970の1位通過者と対戦する。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ東京1970】
N・ジョコビッチ(セルビア)1勝1敗
D・メドヴェデフ 2勝0敗
A・ズベレフ(ドイツ)1勝1敗
D・シュワルツマン(アルゼンチン)0勝2敗

【グループロンドン2020】
R・ナダル 2勝1敗
D・ティーム 2勝1敗
S・チチパス 1勝2敗
A・ルブレフ 1勝2敗

[PR]「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」11/15(日)〜11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加